ヤマドリの全容公開|産卵時期 ヤマドリの種卵 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリの全容公開|産卵時期 ヤマドリの種卵

                                   北ヤマドリ

産卵時期 ヤマドリの種卵

この時期のオスは姿も色彩も見事です‼

太陽光が羽根に反射すると濃い茶色と黄金そして

白色の羽根が瞼を直撃し眩しく目頭を押さえる

ようです。

                       北ヤマドリ

素晴らしい光景が映ります。

ヤマドリの最も美しい姿です・・・

ヤマドリの種卵

ヤマドリを飼育していると次第にヒナが欲しく

なります

                     ヤマドリのヒナ

運よく有精卵を獲得出来ればそれはそれで

上出来ですがなかなか旨くいきませんね~

豊富な経験

種卵を得るには数組準備しなければなりません

一対だけでは心細い。。。

数組準備することによって有精卵を獲得する事が

可能になります。

創意工夫

その獲得した優性な個体を大事に次回のシーズン

に使う様にします。

劣勢な個体は極力避けます。

 

見た目が良いからと言って保留しておくと

失敗の繰り替えしになります。

 

人の眼からはヤマドリの中味まで見通す事は

不可能です。

ここは一つ思い切りが必要です。

繰り返している内に安定した体制に持っていく

ことが出来ます。

 

ですから常に観察を軽視してはなりません!

使用期限

種卵を獲得するためヤマドリの使用年数は3年

限度でしょう。

3年経過したら別の個体と入れ替えた方が無難

です。

 

1~2年は絶好調です。

種卵は ほぼ 二腹前後くらいですが個体により

まちまちです

 

         ヤマドリのタマゴ

種卵を得る時期は短いので集中して当たります。

4~5月が最盛期(関東地区) この時期に無駄なく採卵して

おかないとそのシーズンは終了してしまいます。

 

ですから大型連休前後は非常に大事な時期になりますね

大方の人達は帰省やレジャーにと喜び満載ですが

一方こちらは “勝負時、真剣其のもの”

シーズンかけての大事な時です。

5~6月と産卵しますが有精卵のバラツキが見られます

これはオスとメスの “ズレ„ からです

5月上旬~中旬頃にかけてオスは一休みします。

そうでない個体もいます

如何にしてそのズレを解消するか大きな悩みに

なります。

そのような事もあるので群れは多い程良い

有精卵の獲得

小羽数飼育で「どうしても種卵が得られない。。」

又、「手元で最初から慣らしたい」と言う方が

大部います。

そんな方に好評なのが “ 種卵100パーセント有精卵 „

の販売です。

しかも発生(孵化)まで僅か2~3日保温という状態で

ヒナが得られ・・・

詳しくは次回で・・

 

 

 

 

 

ホームページキジ・ヤマドリについてはコチラ

ヤマドリの全容公開概要はコチラ

まとめ

ヒナを得るのに短期間で獲得 ‼

大好評を得ています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要