ヤマドリの全容公開|鑑賞用コジュケイの飼育3 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリの全容公開|鑑賞用コジュケイの飼育3

コジュケイの飼育3

発生前に移動

チャボに抱卵させた場合発生してからチャボ任せ

ではなかなか上手くいきませんので発生前3日ころ

に別の卵と(チャボの卵)交換します。

 

コジュケイの発生は18日前後ですから15日前後に

取り換えふ卵器へ移動します。

 

この時、ふ卵器の設定は温度→37.6(+-0.1)

湿度→31~34℃ですが各種ふ卵器により微妙に

違いがありますから調整しなければなりません。

 

 

発生してから1日経つと羽毛も乾き動作も

速くふ卵器から出す時は逃がさないよう注意が

必要です。

 

もし、逃がしてしまって捕えるには一苦労

してしまいます・・

最初の餌付けが大事

ふ卵器から出したら飼育場です

最低でも1時間はユックリ温めて休ませます。

 

餌付けは   ヤマドリ全て1から公開/

飼育の仕方/2日~10日令参照

 

最初の餌付けが大事ですから些細な事も見逃さない

ように

コジュケイはキジ、ヤマドリと一緒に飼育

しても指し使いありません。

 

同時に孵化したヒナは大きさが違うのでコジュケイ

は次回に孵化したヒナと一緒にした方が良い

 

やはり体格差があるとストレスが生じるようですね

コジュケイは集団性があるので逃避にはくれぐれも

注意したい

 

一羽逃げると順次逃げてしまいます。

 

ネズミによる被害甚大

生き物を飼育するとネズミは付き物・・

対策しないと大変な被害を受けます。

 

網などは食いちぎり程々の穴を開けてしまい

その穴からイタチが侵入又、細菌を運び

鳥の発育に支障を加えて折角の飼育も

無駄になり兼ねない被害にあいます。

 

又、早急に修繕しないとコジュケイが逃げて

しまいます。

 

ネズミ対策はいろいろありますが駆虫剤、ワナ、

などありますが一斉にしないと効果が薄いです。

 

3ヶ月過ぎれば子を産むそうですから徹底して

捕獲しないとドンドン増えてしまいます。

 

ネズミは益もない生き物ですから駆除しないと

後の祭りになってしまいます。

外敵からの攻撃

自宅から離れている所に飼育していると心配

ですね~

 

 

主にイタチ、ノラネコ、タカ、フクロウなどなど

特にイタチは要注意です。

 

飼育場の周囲は念入りに点検します。

小型のタカはコジュケイを標的にします。

中にこそ入りませんがあの鋭い爪で殺傷

してしまいます。

 

対策の一つとして画像のような仕掛けを

します。

仕掛けと言っても難しいものではなく

何か所か作っておけば効果ありますね

オマケに野生のコジュケイが入ったり

します

 

主にオスが多いですがメスも入ります。

発情期にはオスが例のチョットコイと

鳴くので寄ってくるんですね~

 

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

 

まとめ

コジュケイは小さい分動作が速く管理上

大変  一旦目を離すと思わぬ事態になり兼ね

ます。  施設の構造も四角より長方形にしたい

ですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要