キジ全て公開|飼育のテクニック|キジ2日令1 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

キジ全て公開|飼育のテクニック|キジ2日令1

                       キジつがい

キジ2日令雛の飼育1

キジヒナはヤマドリヒナと一緒に飼育します。

管理上都合が良いからです。

満足なヒナの対処

さてフラン器で孵化したヒナで “ 開脚 „ が

出る事があります。

所謂、脱臼です。 人間もありますね~

これらの出る原因はいろいろな事が考えられ

ますが、一つにはフラン器の設定によるものが

考えられます。

 

一般に湿度が高すぎると出ます。

他にも原因はありますが・・・

 

さて、開脚してしまったヒナを正常な状態に

戻してあげないといけません!

折角この世に生まれ淘汰してしまうのも

哀れですね・・

それにもったいないです。

 

画像のような状態では即、入院です。

                        開脚したヒナ

手当ての結果晴れて退院しました

↘ ↘ ↘

                       全快したヒナ

ここで注意点は

① フラン器から出したら開脚があれば

  即、手当てします。

② 手当ての方法は左脚と右脚を糸で結ぶ

③ 脚の関節の下に3回結ぶ、左右共です。

④ この時きつく縛り過ぎない事

  ヒナの成長は著しく早くきつく縛ると結んだ

  糸が脚に食い込んでしまいます。

⑤ 結んだ左右脚の間隔は地面に対して

  直角、即ち直立ですね

⑥ 結んだ当初は擬古地ないですが5~10日位

  経ってから普通の歩行出来ますので糸を

  取り去ってしまいます。

⑦ 糸は飼料袋の糸が良いですが適当な糸が

  あれば利用します。

  糸を結ぶ時、縛りずらいので “ 水 „ 

  浸してから結ぶと楽ですね!

初の餌付けの仕方

その最初の1~2羽が餌を食べるには

どうすれば良いか?

そこで、餌に興味を持たせるため若菜(新芽)を刻み

水でサッア~と洗い流し餌と混ぜあわせます。

 

すると、その新芽が混ざった餌を夢中で争奪戦です。

その様子を暫く見つめていると嬉しさが込み上げて

きますね(^^)ニコ・・・

 

雛が少数の時は手に餌を取って食べるように促します

又は先輩の雛を同居させるのも良いですね

生まれたての雛は右も左も何も知りません。

人がその都度、手引きしてあげると直ぐに覚える

学習能力は素晴らしいです。

ヒナを慣らす

飼育者で「何としてもヒナを慣らしたい」と思って

いる方が結構います。

そう言う方はこの【刷り込み】から飼育すれば

手乗りのキジも実現しますね!

【刷り込み】の時は些細な事も必ず対処しないと

「手乗りのキジ実現」も遠のきます。

 

とても大事な時期です!!

然しながら全部が全部慣れるとはいきません!

人同様キジにも性格があります。

運悪く慣れないキジヒナに当たったら別の

に変えたら良いでしょう。


    ↙ ↙ ↙

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

 

まとめ

キジヒナの地面は脚が滑らない物を敷きます

開脚の原因にも繋がります

ゴムなど利用すると汚れなど洗えるので

衛生的です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要