ヤマドリ全て公開|飼育のアクシデント|イジメ | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリ全て公開|飼育のアクシデント|イジメ

                                                                                                ヤマドリ発生2日令

飼育アクシデント

イジメ 種親の飼育

メスが産卵終了しましたら(6月半ばころ)ある程度

草木ある広場へ放し12月頃まで飼育します。

「短期間でしたが産卵お疲れ様でした。

来期もよろしくね!」

と、思いながら広場へ放します。

 

 

中にはまだまだ 産むのもいますがあとの管理が

大変なので見切って引き上げます。

 

種メスは良い個体、余り芳しくないのがいますので

選別し優性なヤマドリを残していきます。

優劣を区別します。

 

この時必ず「メモをとるとか、記しを付けておきます。」

記しをしたい時は人目線ではヤマドリの外観は

皆、同じ様に見えますので100均で販売しているような

結束バンドなどを付けて目印とします。

 

劣勢なヤマドリは何年経っても同じです

から見切ります。

メス種親は1区画(約20~30坪位)に纏めて

飼育します。

この時羽数は30~80羽位でしょう。

 

メス同士はイザコザ多少しますがオスのような激しい

争いはしませんので大丈夫です。

徹底的に完全なメスを得るなら、更に綿密な

作業が求められます・・

 

実際はそれまでしなくも大丈夫でしょう。

注意する事は入れる時は必ず同時に入れます。

日、経ってから入れるのはダメです。

大概の鳥はそうです。

 

 

オスは特注

問題児です。

ヤマドリオス種親の場合は必ず1羽飼いに

しなければなりません。

                            回復して来たオスヤマドリ

軍鶏なみに闘争心が激しく、発情期になるとどちらかが殺傷され終いに斃死してしまいます。

特に頭部を狙い撃ちにして頭皮を剥ぎ頭骨が見えるくらいになります。

 

発見がその日なら頭に消毒(アカチンキなど)をすれば

回復しますが遅ければ斃死です。

人の早期か末期の話です・・

 

キジを広場で試験的に試しました。

キジを広場(30坪位)へオスばかり50羽入れて

半年間飼育してみました。(6月中旬頃まで)

 

結果はどうでしょう?

8羽が残っただけです・・・

ショックです。

 

8羽も中には傷付いたのもいました・・

生き物は子孫繁栄のためこれまでするんですね~

序列が出来るんでしょうか

 

1羽淘汰すると次の固体と繰り返しです。

キジがそんな状態ですからヤマドリに関しては

言うまでありません・・

キジの数倍激しさがあります。

 

ですからオスは必ず1羽で飼育します。

何かあった時の為に小さめで良いので

区画をいくつも網で仕切っておけば作業が

楽になります。

 

 

温暖化の影響で気温の変化が見られます。

初冬(12月)に始まりました。

オスヤマドリがメスへの殺傷です。

 

発見が早かったので死まで至りませんでしたが

かなりの重症でした・・

昨日迄、異常なかったのですが次の日突然

ヤマドリ種メスの頭が攻撃されていて頭皮

の半分くらい裂かれていました。

 

両眼は頭皮が被されていて見えない状態・・

酷い光景です。

咄嗟に治療しました

治療と言っても細菌が身体に回らぬ内にヨード

をタップリ塗ってあげました。

 

淘汰するのを諦めていたのですが数日後に

回復です。驚きです。

 

あれほどの裂傷で治るんです  驚きです。

改めてヤマドリの生命力に拍手です・・

 

当日は急に気温が上昇したためオスの発情が

出たと思います。

日常、何か変化あれば其れなりに対処

しなければなりません。

 

 

キジ・ヤマドリくわしくはコチラ     

          ← 

           ←

 

まとめ

ヤマドリのオスは必ず1羽にする事

新たに小屋を作る必要はありません。

網で仕切り同居でなく1羽飼いにします。

いくつも作っておけばイザと言う時

助かりますね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要