ヤマドリの全容公開|鑑賞用コジュケイの飼育2 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリの全容公開|鑑賞用コジュケイの飼育2

コジュケイの飼育2

発情期はオス1羽

施設が完備したらいよいよコジュケイを飼育します。

一つの施設に数羽(5羽位)入れても良いですがオスは

必ず1羽です。

 

何故か?

鳥類は発情期になるとオス同士が争います。

他の生物でも大方そうでしょうね

そのような事があるので繁殖期になるとオスは

必ず1羽にしなければなりません!

 

どちらかが殺傷してしまうからです。

施設を小分けすれば問題ありません。

オス、メスの判別

コジュケイのオス、メス判別はなかなか難しい

ですが唯一見分ける方法は “ 蹴爪 „ です。

 

オスは“ 蹴爪 „の先が鋭く尖っています。

1センチ前後あるでしょうか

メスは“ 蹴爪 „の先が円みで数ミリくらい

いずれも2~3ヶ月経過しないと判別が

難しいでしょう。

体色がオス、メス同色なので人の眼力では

見極めは困難です。

隠れ場を設置

コジュケイの動作は素早いです。

ジッーとしているとかと、思えば目まぐるしく

動き回ります。

 

鳥は危険が及ぶと咄嗟に逃げ隠れしますので

“ しげみ ”など隠れ場を幾つか設置してあげれば

良いですね

 

飛ぶのは最後の手段で普通は歩くのが多い

又、直線的に飛び上には飛びませんので

周りにはネットなど衝撃の少ない物を張ります。

木材、金属、又尖った物などは避けた方が良い

 

コジュケイの産卵は早いので2月末から8月

ころまで産みます。

多産系のコジュケイは80個位産みます。

 

産卵数はバラツキがあります。

安定して2日に1個産むのや数個産卵して数日休む

のやらいろいろですね

 

キジのように有精卵を高率で得る事は出来ません

むしろヤマドリに近いです。

 

受精のタイミングに“ ズレ „がありますので

試行錯誤して作業しなければなりません。

 

具体的には、受精卵を高率で得る事が出来ない

場合はオスを入れ替えたりメスを数羽にする

又、別の場所へ移動して環境を変えたり

します。

 

これらの作業により変化が生じることがあり

ますのでいろいろと対応しなければなりません。

何れにしても産卵期は長いので焦らず飼育

していれば結果は出ますよ!

抱卵

多少穴を掘り木の葉とか枯草を集め “ 巣 „を

造りある程度タマゴが貯まれば(3~10個位)抱卵します。

18日で孵化しますので孵化したら直ぐに

ヒナをとり人工で育てます。

 

ヒナが発生して最初の餌を食べないうちに取り去る

事が大事!

 

これをしないとなかなか人工的に飼育するのは

難しくなります。

 

 

 

 

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

 

まとめ

鑑賞用として飼育する時も必ず逃げ場、

隠れ場を設けること!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要