キジ飼育の技法 10~30日令 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

キジ飼育の技法 10~30日令

                       キジつがい

10~30日令

保温室は自家製

この期間もヤマドリと一緒に飼育です。

異種間同士で飼育しても特別な変化は見られません。

飼育 10~30日令

10日令位になると保温室から新たな保温室へ

ここは自家製ですが長方形の台に上部だけ

屋根のついたような形で

熱が逃げないように周りを覆います。

 

メーカーから購入すると数万円するので

ここは一つ、自家製で十分、熱源の電球と

サーモスタットだけは購入します。

100ワットの電球を2つ下げて熱源とします。

電球の点検

常時電球を点けた状態だと電気代が大変・・

熱源はサーモスタットで調整するようにしておきます。

30~40℃くらいに設定しておきます。

 

電球を2つ下げるのは一方が切れた場合の予備とし

又、寒い朝方は温度が上がらないので

必要になります。

                         保温室

餌は配合飼料に頼らず

この頃のキジヒナは食欲が盛んです

配合飼料の他に嗜好性を高めるためにも

廻りにある物を与えてあげ食欲増進

図ります。

 

好んで食べる物はどんどん与えます。

野生ではあらゆる食物を摂取しています

から体力が付きますが飼育した状態では

限られた食物しか給餌しているのでストレス

原因にもなりますね・・

 

大概の物は食べるので多くの種類を与える

ように心掛け゛たいですね!

 

パンくず、昆虫類なども嗜好性があります。

限られた施設で短期間なら兎も角、長引く

ようであれば其れなりにストレスが溜まります。

消毒を兼ね噴霧

ストレスを極力少なくしなければなりません

気温が上がると尚更です

動墳で噴霧すれば良いのですが羽数が少ない

時は噴霧器でスプレーしてあげます。

 

この時水のみでなく逆性石鹸700~1000倍液で

噴霧します。

そうする事により可なりのストレスの削減に

なります。

 

野生と比べ狭いところで生きているんですから

当たり前ですが自然のような環境のような事

のようには出来ませんから少しでもキジヒナ

の要望に答えなければなりません。

 

消毒の逆性石鹸は度々行う事によりプラスに

なります。

 

目視出来ない細菌を殺菌することにより

キジヒナの体力もしっかりしたものになります。

雛飼育時はコンクリート

床面は金網からコンクリートにします。

何故コンクリート?

どうしてかと言いますと先ず疾病対策です。

雛のうちは給餌する時いろいろなものを食べて

しまいます。

 

故に疾病の基になりいづれ斃死してしまいます。

床面の傾斜は洗浄するとき水はけを良くするため

洗浄は勿論消毒剤を兼ねての洗いです。

 

汚れが出たら直ぐに洗い流します。

雛が体力つくまでは細菌などかからない様に

衛生面は万全を期したいものです。

   ↙ ↙ ↙

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

 

まとめ

育ち盛りの時いろいろな物を沢山

与えてあげますと体力が付きます。

結局、疾病に対する免疫も増大します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要