感染症|鳥インフルエンザ2 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

感染症|鳥インフルエンザ2

                  消石灰散布
鳥インフルエンザ

大暴れしている新型コロナウイルスが増々感染を

増大しています。

感染伝播が凄まじい・・

世界的な感染なので非常に悩まさせる事です。。。

 

人類の英知を駆使して何とか阻止したいものです。

 

一方鳥の方もウイルスに悩まさせられています。

鳥インフルエンザです。

 

こちらは新型コロナウイルスのように人に直ぐ

感染とはいかないので一先ず安心です。

しかし、一度鳥インフルエンザが侵入すると

感染が広がり甚大な被害が待ち受けています。

 

健康体の鳥まで廃棄処分の対象になってしまいます。

対応誤れば大変な事になりかねます。

 

国内で十数県発症の状態・・

冬場に発生しますが 渡り鳥によるものが多いようです。

鳥インフルエンザとは鳥に対して感染性を示すA型ー

インフルエンザウイルスのヒトへの感染症です。

 

前回(厚生労働省引用)大筋で鳥インフルエンザについて

述べましたが現実に遭遇した場合どう対処するか?

                  消石灰散布

対応の仕方

現実に鳥インフルエンザが発生した場合最寄りの

家畜衛生保健所、もしくは市役所への連絡

それにより発生した農場の飼養家きんの殺処分、

焼却又は埋却、消毒、移動制限区域の設定など

必要な防疫措置を実施されます。

感染症   参照

 

① 鳥インフルエンザにかかることはあるか?

鳥インフルエンザにかかった鳥の羽や糞

を吸い込んだり、その鳥の糞や内臓に触れてウイルスに

汚染された手から人の体内に

大量のウイルスが入ってしまった場合に、まれに感染する

ことが報告されています。

 

② 鳥を飼育している場合、気を付けることは?

飼育場へ野鳥、ネズミなど侵入しないようにする。

鳥インフルエンザウイルスを運んでくる可能性がある

野鳥が近くに来ないようにする

③ 飼育場はまめに掃除をする

飼育場の清掃が終了したら十分な(アルカリ性洗剤)手洗

いなどする

消石灰を飼育場の内外へ万遍なく散布する

 

④ 餌は食べるだけの量を与える 余る事が無いように
⑤ 飲水もこまめに交換する
⑥ 冬場はウイルスが活発になるので飼育場で作業した後は

必ず手洗い、うがいを徹底させる。

 

 

⑦ 異変があれば直ぐに当局へ連絡

飼育している鳥が死んだ場合鳥インフルエンザを疑うのは

心配ありません。

原因がわからないまま、鳥が次々に死んでしまうと

いうことがない限り、鳥インフルエンザを心配する

必要はありません。

鳥が次々死んでしまうようなら都道府県、市町村役場に

直ちに相談します。

又、野鳥が死んでいるのを見つけた場合は

死んだ鳥を素手で触らないようにする

後に都道府県や市町村役場にご相談します。

 

小羽数飼育の場合は左程心配ありませんが

ある程度の飼育の場合は十分気をつけるように

したいです。

 

 

 

まとめ

ウイルスは兎に角も厄介な病原体ですから

日頃の注意が大事ですね!

 

 

ホームページはコチラ

 

ヤマドリの増やし方全て公開概要

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要