ヤマドリの増やし方|公開|産卵間近 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリの増やし方|公開|産卵間近

                   ヤマドリホロ打ち

産卵間近

 

今シーズンも産卵時期を迎えました。

年に1度の大事な作業なので失敗は許せません!

成功させるためには事前の段取りが必須です。

 

些細な事も見逃しては終いには後悔してもどうにも

なりません。

1シーズン不意にしてしまいます。

 

念入りな点検

鑑賞用としても、増産にしても “ゆとり„ が必要です。

 

動かない商品所謂 “静の商品”(本、加工食品、薬品等々)は

生産するのに容易です。

一方動いている商品 “動の商品”(自身で生きている)は

容易ではありません

当初からの予定した事が一瞬にして0になるリスクを抱えて

います。

 

先を読んで準備

例えば事故により死亡、疾病による淘汰、逃避等々あるので

先が読めません・・

ですから1シーズン有効にするため予備を備えておくのが

賢明かと思います。

(この時オス、メスともです。)

 

最小限2対はほしいですね~

何事も起きなければそれに越した事ないですが

何かトラブルが発生するかもしれません

その時にやりくりして対処すれば助かります。

 

片方が淘汰してしまうと1シーズン無駄になってしまいます。

これらは未然に解決しなければなりませんね~

                      ヤマドリメス

寒暖の変化

さて、1月も”大寒 „が過ぎると“三寒四温„となり

三日寒さ過ぎると四日暖まるごとく日に日に寒さ減少

します。

 

生き物(キジ・ヤマドリなど)は即座にそのような変化を

察知するようです。

夜間冷えて北風ある時などは茂みにジッとすくんでいます。

日中も冷たい風が残るようだと活動は停滞します。

 

寒さ過ぎて暖かい日が来ると活動は活発になり食欲も

増して来ます。

 

その繰り返しが続くといよいよ産卵に至ります。

産卵の前触れは兎に角食欲が増します。

 

この頃は非常に大事な時なので個体(キジ・ヤマドリ)に

危害を加えてはなりません。

 

又、なかには求愛行動が盛んなオスがいるので

未だ発情が遅いメスはそのようなオスに攻撃を

受ける場合があります。

 

狭い飼育場の場合は出来るだけ変化をもたせます。

メスが逃避出来る環境作りが好まれます。

隠れ場を沢山作り止まり木を増やすなどいろいろ工夫

してあげます。

 

決して平たんにしないように!

 

 

 

 

ホームページはコチラ

 

 

 

ヤマドリの増やし方全て公開概要

 

 

まとめ

2月は産卵時期の前触れで大事な時期です。

些細な事でも目を配りオス、メスの行動に

注意を払います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要