疾病|鳥インフルエンザ | ヤマドリの増やし方全て公開概要

疾病|鳥インフルエンザ

                                                                                      外部の消毒

鳥インフルエンザ

大事な種鳥の管理

産卵も間近になりました

親鳥の管理は万全でしょうか?

現在、新型コロナウイルスが猛威を奮って収束が

分かりません・・・・

ウイルスは非常に恐ろしい感染症ですね~

鳥も例年初冬から発生するウイルスがあり

既に関西以南で発生しております。

直近では関東(千葉県)でも発生しました。

鳥インフルエンザ

鳥インフルエンザとはトリに対して感染性を示すA型ー

インフルエンザウイルスのヒトへの感染症です。

人におけるほとんどの感染者は、 感染した家きんや

その排泄物、死体、臓器などに濃厚な接触があります。

日本では発症した人は確認されていません。

鳥インフルエンザA(H7N9)について

鳥インフルエンザA(H7N9)とは?

1 病原体

A型インフルエンザウイルス( H7N9 亜型)

2 感染動物

鳥類(主に水禽類)

3 感染経路

ヒトは、 感染した家きんやその排泄物、死体、臓器など に

濃厚に接触することによってまれに感染することがあります。

日本では発症したヒトは確認されていません。

                         消石灰     

また、 これまでのところ、ヒトからヒトへの持続的な

感染は確認されておりません。

4 世界での発生状況

鳥類では中国及び香港において感染が確認され、ヒトでの症例

は中国において報告されています。

5 潜伏期

1~10日(多くは2~5日)

6 診断と治療

(1) 臨床症状:

高熱と急性呼吸器症状を特徴とする。

下気道症状を併発し、重症の肺炎が見られることがある。

呼吸不全が進行した例ではびまん性のスリガラス様陰影が

両肺に認められ、急速に急性呼吸窮迫症候群(ARDS)

の症状を呈する。

二次感染、脳症、横紋筋融解症に進展した報告がある。

発症から死亡までの中央値は11日(四分位範囲7~20日)

であり、進行性の呼吸不全等による死亡が多い。

(2) 病原体診断
(3) 治療:タミフル等を用いた治療を検討

7 発症予防

鳥との接触を避け、むやみに触らない。

生きた鳥が売られている市場や養鶏場にむやみに近寄らない。

手洗いの励行(特に発生国では徹底してください)。

(厚生労働省引用)

という報告があります。

ウイルスを飼育場に侵入しないように徹底しなければ

なりません。

飼育場内外へ消石灰を万遍なく撒き又、人の出入りを

極力避けるべきです。

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開概要


まとめ

ウイルスは目に見えない厄介な感染症です。

発生しない様日頃からの心構えが必要です。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要