ヤマドリの増やし方|全て公開|概要 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリの増やし方|全て公開|概要

                                                                          ヤマドリ発生2日令
ヤマドリの概要
日本を代表する野鳥と云えば

国鳥の 【キジ】それに準じる【ヤマドリ】

ヤマドリに関して言えば国内で準絶滅危惧種

指定されている県は10数件あり懸念されています。

発生2日令

目次

増産の方法1

種鳥の選定

メスの場合
状態の見極め
オスの場合
メスの羽数
まとめ

増産の方法2

種鳥の選定

有精卵の獲得
オス、メスの比率
メスを早く放すのは何故?
産卵の促進
日照時間の利用
まとめ

増産の方法3

人工授精交配

人工授精交配
作業方法
オスから精液採取
メスに注入
まとめ

増産の方法4

自然交配1

自然交配
ヤマドリは繊細
極力自然のように
アクシデント
襲撃
まとめ

増産の方法5

自然交配2

自然交配
アクシデント
空から
テレトリー内での事故
研卵
まとめ

増産の仕方

採卵

採卵
産卵場所
産卵個数
いつ頃まで産卵
まとめ

増産の仕方

貯卵

貯卵
保管する場所
汚れの除去
保管の条件
エアコン設置が望ましい
まとめ

増産の仕方

孵化1

フラン機
孵卵機【フラン機】とは?
種類は平面式と立体式がある
平面式
立体式
機能
保温
湿度
転卵
まとめ

増産の仕方

孵化2

フラン機
入気、排気
孵卵機の扱い方
検卵
発生(孵化)
まとめ

飼育の仕方

親鳥の飼育

種親の飼育
人工授精の場合
自然交配の場合
雛の飼育
2日令
雛の選別
まとめ

飼育の仕方

2日~10日令

雛の飼育
2日令
最初の1~2羽が大事!
刷り込み (刻印づけ)
初の餌付けの仕方
3~10日令
まとめ

飼育の仕方

10~30日令

飼育の仕方
10~30日令
何故コンクリート?
給餌
飲み水
緑菜
ストレスの解消
まとめ

飼育について

30~60日令

飼育の仕方
30日令~60日令
30日令
中の構造
60日令頃
次へ移動です
まとめ

飼料

主食

飼料
主食
配合飼料の成分
5つの栄養素があります
まとめ

飼料

主食ー副食

飼料
主食・副食
成分量
穀類
植物性油脂
動物性たんぱく質
飼料添加物
ヤマドリの飼料
飼料の形状
種鳥用
粒状の飼料
幼雛用 (2~15日くらい)
中雛用 (15~60日くらい)
大雛用 (60日~)
副食
緑菜、
生き餌
腐れかけた木
まとめ

施設

外敵からの防御

施設
外壁
外敵から防ぐ施設
登れない外壁
ならどうするか?
天井はどうする?
まとめ

施設

孵化施設

孵化施設
孵卵機
フラン器(小型)フラン機(大型)の特徴
孵卵器への暑さ対策
まとめ

施設

2~10日令

幼雛施設 2~10日令
疾病を防ぐ
掃除は水洗で作業短縮
まとめ

施設

10~30日令

施設
幼雛~中雛 10~30日令
給餌は自家製
魚網が適正
飲み水、緑菜は新鮮なもの
まとめ

施設

30~60日令

施設/30~60日令
どうすれば解消されるか?
逃げ場
まとめ

施設

60日令~

施設/60日令~
土壌の管理
排水
下廻りの点検
まとめ

施設

野生化訓練施設

野生化訓練施設
大地の起伏
段階的に移動
環境を変えてミネラルを
隣り同士の境は見えないように
餌場の場所
通路で捕獲
まとめ

疾病

感染症

疾病
感染症 (伝染病)
自発性感染
ストレス
物質的な刺激
心理的な刺激
感染経路
介卵感染
空気感染
接触感染
ヤマドリの衛生対策
発生原因
自然淘汰・浄化
鳥の坑病性
まとめ

人工交配・自然交配

キジは人工的に繁殖が容易になりましたが

ヤマドリに至っては、まだまだです。

 

当ファームでは40数年の長きにわたり試行錯誤しながら

繁殖に励んできました。

有精卵を安定して得る事は絶対条件で

最大の難関でした。

 

努力が実ったのか ここ数年【肝心要の高受精卵を】

自然交配法にて90%以上の確率で獲得し、ほぼ

安定した道筋をつけました。

 

人工的に受精させるのはいろいろな事情があると思いますが、

もともと手法として人工授精で家畜は兎も角、有精卵を得る

ために鳥まで実施する方法には違和感があり、

自然交配の方法一本に絞りました。

 

鳥まで実施する方法には疑問があり、一筋自然交配

方法に徹しました。

自然界では人の手を借りません!

自然に繁殖しています。

自然界で出来ているんですから繁殖出来ないはずがない!

一念で頑張りました。

                       ヤマドリ オス

自然交配の方法は理想的な方法です。

自然交配はメリットが大きい

有精卵を得るために人工授精で得るよりも自然交配法が

はるかにメリットが大きいか分かります。

人工授精の場合、技術の習得、労力面、施設、

固体の記録管理等々大変な労力が必要で気の抜けない

作業に追われます。

様々な難題が待ち受けます・・

 

自然交配の場合はそんな、‘わづわらしい‚事はありません。

自然界に戻って学ぶのもひとつの手法かと思います。

現在、ヤマドリの準絶滅危惧種は全国で10県ほどあり

この資料が少しでもお役にたてば幸いに思います。

今までの経過をたどり、自然交配の方法でなるべく詳細に

丁寧に又、分かり易く書きたいと思います。

ヤマドリについてはこちらもどうぞ

ホームページはコチラ

 

※ 今回は繁殖数500羽を目標に進めてまいります。

まとめ
自然交配法が確立した事により格段と生産が
楽になりました。

本来の自然界そのままの姿に戻りつつあります。

次回は増産の方法です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要