ヤマドリ全て1から公開/疾病/病原体 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/疾病/病原体

                 ヤマドリ発生2日令
病原体 とは?

(病気の原因となる微生物)

雛を発生させて如何に永く生かせていけるか

大事な課題です。

 

外部からのいろいろな惨禍、又自身による

疾病で末永く生きる命を途中で絶えてしまうことは

残念ですねー

思わぬ事故は仕方ないとしても疾病に関してはある

程度は防ぐ事が出来ますね

 

前述しましたが疾病はある程度は防ぐ事が出来ます。

人もそうですが疾病に関するある程度の知識を

心得て事にあたれば怖い事はありません。

専門的な事を少々調べてみました。

 

小さい順にウイルス→ 細菌 真菌(カビなど)原虫

ウイルスに関してはミクロの世界です。

それでは病気の基になる生物についてみましょう。

病原体

病気の原因となる生物

病原微生物

ウイルス  細菌類  リケッチア

スピロへータ 真菌類などがあります。

※リケッチア

一般細菌と同様 細菌として取扱われる

ようになった非常に小さな細菌群

※スピロヘータ

約50種が知られている

寄生虫   原虫類  宮中類  条虫類  線虫類

これらはどのようにして感染し増殖するのか?

感染と増殖

ウイルス

ウイルスは単独では増殖できないので、動物の細胞の中に

侵入し増殖する

細 菌

体内で定着して細胞分裂で自己増殖しながら、動物の細胞に

侵入するか、毒素を出して細胞を傷害する

真 菌

動物の細胞に定着し、菌糸が成長と分枝(枝分かれ)

によって発育していく酵母細胞では出芽や分裂によって増殖する

 

感染しないように日頃の管理が大事になりますね~

治療法

ウイルス

抗ウイルス薬

ウイルスは細胞膜がなく動物の細胞に寄生しているため、

治療薬は少ししかない抗ウイルス薬としては、ウイルスに

直接作用するものと、免疫機能を調節するものがある

細 菌

抗生物質細菌の細胞に作用、あるいは増殖を抑制する

真 菌

バイキン”とは黴(かび)と細菌を意味します。

 

細菌は単細胞、カビは多細胞!

カビは細菌の進化したもので単細胞生物である細菌は、

生きるための最小限の機能を一つ一つの細胞に持っているため、

子孫を残すには単純な二分裂で事足ります。

 

一方カビは様々な形態や機能を持つ細胞からなる

多細胞生物で、生殖には専用の細胞を作るなど、

子孫を残す仕組みも複雑です。

病原体とワクチンの種類

ワクチンは、含まれる病原体等の状態により、

不活化ワクチン、生ワクチン、トキソイド

3種類に分けられる。

不活化ワクチン

不活化ワクチンは、病原性を消失させたり毒素を

無毒化したもので、体の中で病原体が増えることはなく、

発熱などの副反応が少ないワクチンである。

生ワクチン

生ワクチンは、病原性を弱めたウイルスや細菌を接種し、

それらが体のなかで増えることによって免疫力をつける。

自然感染に近い状態で免疫がつけられる。

トキソイド

トキソイドは、強い毒素を産生する細菌の毒素だけを

取り出して無毒化し、ワクチンにしたもので、細菌に

感染したときに、毒素による発病を防ぐことができる

 

まとめると

ウイルス 細菌 真 菌(カビ)
生物の
分類 
DNAかRNAの一方とタンパク質で構成された物質 単細胞原核生物 多細胞真核生物
DNAと
RNA
いずれか一方を持つ 両方持つ 両方持つ
細胞質と
細胞壁
どちらも持たない 細胞壁や細胞膜が細胞の

中身を包む

強固な細胞壁や細胞膜が

細胞の中身を包んでいる

増殖の
特徴
単独で増殖できない(生きら
ない)ため、動物などの細
胞内に侵入して増殖する
自ら栄養を摂取して単独で
増殖して生きられる
ほかの栄養を摂取し、単独
で細胞がなくても増える
治療法 一部のウイルスにしかワクチンによる予防接種ができず、
抗ウイルス薬も少ない  
一部のウイルスにしかワクチンによる予防接種ができず、
抗ウイルス薬も少ない
抗真菌薬

こうしてみるとウイルスはミクロの世界で最小らしいですが

治療薬としては期待出来ませんね・・

細菌、真菌などはある程度治療法はあるようです。

何れにしても生物は坑病力がありますので体力を

落とさないためにもしっかり管理をしないといけませんね~

 

     ⇊

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

もともと動物には坑病力を持ち合わせているので

規則正しい事をしてれば微生物に対する免疫が低下

しないので感染する事は余りない

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方