ヤマドリ全て1から公開/施設/野生化訓練施設 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/施設/野生化訓練施設

                ヤマドリ発生2日令

野生化訓練施設

大地の起伏

大小様々な広さで出来る限り野生と似た

状態が求められます。

大地の起伏を付け植物があり奥行きがある

施設にします。

 

起伏は機械を使って転地変えして

消毒を兼ねて石灰を撒き

少なくも1年に一度は行いたいです。

段階的に移動

この施設はヤマドリの種卵を得るところで

産卵が終了した種ヤマドリを回収し以後

草木が生えた頃、雛を入れます。

施設場所を一旦休止するのも疾病の対策になります。

 

施設が空いたら次々入れ回転を良くする

入れる際には急に広い所へではなく段階的

します。

各群れの略図

A

↓ 仕切り    ↓

■        ■

 通路 D

↓  仕切り   ↓

■        ■

 B

↓  仕切り   ↓

■        ■

  通路 E

↓  仕切り    ↓

■        ■

 C

↓  仕切り    ↓

■        ■

 通路 F

↓  仕切り    ↓

■        ■

 

最初Aに入れてから慣れたころに次の仕切りBを

開放です。

又、慣れたらCへと次から次へ開放です。

そうすると環境が違うのでヤマドリも争い事も

しない、なによりも次の場所は草木も豊富

ヤマドリも満足しますね・・

環境を変えてミネラルを

飼育の項で書いたように段階的に又、徐々にです。

この頃も飼料はタンパク質を補給せねばなりません。

それとは別に雛達はもって生まれた嗅覚で廻りの

不足がちな成分を補います。

 

野生のような環境はとても無理ですが、せめて

多少なりとも条件を満たせば効果は期待できます。

キジのように1.5~2坪にオス、メス 計3~8羽

入れて種卵をとるのとは、まるで条件が違います。

 

結局、キジの場合は飼料が限定されてしまいます。

不足な成分は到底補えません。

それでは元気な種卵は期待は出来ませんね!

孵化率も悪く、後々の生存にも影響します。

 

ヤマドリの自然交配の場合はそのような環境でなく

ある程度恵まれます。

                     ヤマドリ成鳥

隣り同士の境は見えないように

境目は隣が見えないように

隣との境目は魚網の上に見えない布とかシートなどで

被うようにします。

これは種卵をとるとき発情が来た時オス同士の争い

を防ぐ事が出来ます。

 

それをしないと、時にはオスの腱爪が網に絡まり

気が付かないでいると鳥は死んでしいます。

 

もう一つ注意点、ネズミです。

網を食いちぎり、そこから鳥達が出入り・・

これ又面倒になります。

雛の高さの二倍くらいはしっかりと防備したいです。

餌場の場所

餌場の設置はやはり水はけの良い高台が良い

雨を凌ぐ程度の簡単なもので良いです。

餌が濡れなければいいんです。

給水は水道水から引いた散水器からタラタラと常時

流しておきます。

 

水の汚れを見てその都度水を入れ替えます。

水入れの管はエスロンパイプです。

身の回りを見渡すといろいろな材料が沢山

ありますね~

通路で捕獲

捕獲する時の手段ですが通路に追い込んで

作業になります。

中では到底難しい作業になりますからやはり

通路に追い込んでの方法になります。

前にも書きましたが通路(軽トラが入れる)は

何にも利用できます

 

通路をいくつかに区切り鳥を追い込んだ後

暫くたって落ち着いたら静かに捕らえます。

通路は必須の施設です。

草木の伸びも忽ちです。アカザ、アオザなどはグングン

伸びます。

厄介なことにこの手はある程度伸びると茎が硬く

なります。

構わないでおくと鳥達の

絶好の止まり木にになってしまいます。

 

たまたま天井の網が破れていると次々と

逃避しますのでそうゆう箇所があれば直ちに

修繕したほうが賢明です。

 

次回は疾病

 

    ⇊

ヤマドリについてはコチラ

http://www.torihiko.jp/

まとめ

ほぼ雛は成鳥に近づけましたが機敏ですから

扱いには十分気をつけねばなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方