野鳥なら・・|日本固有種|ヤマドリの全容公開 | ヤマドリの飼い方 

野鳥なら・・|日本固有種|ヤマドリの全容公開

                    ヤマドリのホロ打ち

ヤマドリ 自然交配

今回は産卵時期に入りましたので “キジ” に関する

事は一旦控え “ヤマドリ” ついて書きたいと思います。

些細な事も注視

今シーズンもヤマドリの繁殖を迎えいろいろな

面で確認作業が始まっています。

ここ数年気候変動が激しく対応に苦慮します。

 

例えば産卵が早まり通常よりひと月も早く

産卵が始まります。 早いのはそれはそれで

良いのですが肝心な春頃は産卵がストップ

してしまいます・・

 

ヤマドリの年間の体調が狂ってしまっています。

植物ばかりでなく動物にも影響ありますね~

桜の狂い咲きのようです・・

 

通常のリズムになりません

現実に各地で大きな災害にみまわれています。

生態系にも大分影響していると思いますね

対応に苦慮します・・

 

そのような状況なのでより一層些細な事も観察が

大事になります。

自然のヤマドリは余り無精卵がないですね、オス、メスの

調和がとれているせいでしょうか?

 

それとも環境のせいでしょうか?

 

疑問が抱いたら直ぐ自然の山を思い浮かべた方が良い

結果に繋がります。

変化に富んだテレトリー

種鳥を入れるテリトリーも出来る事は全て補って整えます。

具体的にはひとつのテリトリーを少しでも山に見習って

峰、谷と変化を持たせます。

 

決して地面が平面ではいけません。

先が見えないように物で隠してあげます。

そうする事によりヤマドリは敵対する『者』

が来ればすかさず逃避出来ます。

 

奥山に生息するヤマドリは常時、敵との戦いです。

キジと比べても敵はかなりいますね~

従って日常敏感になり敵と遭遇すると一目散に

逃避します。

ヤマドリ達の日常は“飛ぶ”事より“走る”方が

断然多いです。

“飛ぶ”のは非常時だけです。

敵対行動は慎む

飼育してもなかなか慣れないのはうなずけます。

慣らすのは仲良くなれば良いんです。

『敵』でなく『仲間』になれば良いだけで

決して脅かす行動は慎む事です。

 

そうすれば本来のヤマドリの姿になります。

結果、産卵も平常になりヒナも予定通りいきます。

 

中の工作物などは軽めの物を多めに出来れば

全体の半分は置いたほうが良いです。

 

障害物を沢山置いて半分は個体(ヤマドリ)が何処に

いるか分らぬようにしたり

餌場のみ雨が凌げるように屋根(トタンで十分)は餌が

雨に当たらぬようにするだけで良い

 

自然界では屋根などありません!

 

鑑賞用として飼育するにはこの限りではありません。

鑑賞ですから出来るだけ見えないとつまらないですよね~

しかし、止まり木は何か所か設けましょう。

 

成功させるにはヤマドリと友達になる事、些細な事でも

決して脅かすことなく接することでしょう。

  ↙ ↙ ↙

キジ・ヤマドリについてはこちら

 

まとめ

自然交配でヤマドリのヒナが獲得出来ないのは

途中で挫折してしまうからです。

もうひと踏ん張りすれば成功できますよ‼

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方