ヤマドリ全て1から公開/飼育/ヤマドリへの噴霧 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/飼育/ヤマドリへの噴霧

                  ヤマドリ 発生2日令
2~10日令

保温室

発生した雛をフラン機から出して最初に

餌付けする大事な施設です。

雛の飼い方で記述しましたが 刷り込みが成功する

ような設備を作るのが求められます。

     左側が保温室 

ご覧の画像のように左から保温室、餌付け、飲み水、

遊び場と分断されていて境目は仕切りされています。

ここで育成する羽数は最大200羽近くまで大丈夫です。

普通飼育すれば100~150羽くらいですか

この施設を2つ用意する必要があります。

 

今回の最終目標は500羽ですから

3~4回孵化させれば600~800羽飼育出来ます。

最低限の羽数ですが、生き物は決して計算通り

にはいきません・・・

 

ヤマドリへの噴霧

発生した雛を入れる前に十分な消毒が求められます。

雛を輸送箱にて運びましたら逆性石鹸500~700倍液で

輸送箱、雛全体を噴霧します。

施設ばかり消毒してもヤマドリ固体自身に菌があれば

何にもなりません。

 

噴霧の効果はどうでしょうか?

効果としては

① ヤマドリの羽毛、皮膚のクリーンナップ

②禽舎のクリーンナップ

③禽舎内浮遊ウイルス、細菌の殺減

④塵、埃の沈静化

⑤アンモニアの発生を抑える

④に関しては育成にも大切な役割があります。

浮遊細菌数が多いと育成率が低く少ないと育成率が

良いという結果があります。

と、言う事は全体の噴霧は結果として良い状態になりますね

又、育成率の改善の他に呼吸器病、各種常在伝染病対策に

効果的です。

 

保温室の構造

思案通りはイカズむしろ減ります。

この事はよ~ぉく覚えておきたいですね!

              保温室

保温室は真ん中にファンモーターその下にニクロム

ヒーターを付け熱を拡散させる。

中央部はトタンで丸く覆います。

保温室は38℃に設定し側面にサーモスタットを

取り付ける

 

ファンは雛の羽毛などで汚れますので時々エアーで

吹き飛ばします。

吹き飛ばした後に逆性石鹸500~800倍液を入気孔から

噴霧する

 

この時雛の逃避に注意する事。

ファンの上部に上ぶたを付けますが外気が入る

ように穴を設ける。

新鮮な空気をいれる必要があります。

 

餌付けの段取り

雛の育ちは目を見張るほど早いですね・・

2~3日経つとすっかり元気な姿を見せ廻りを

動きまわります。

日が経つにつれ仕切りを開放し又、何日か経ったら

次の仕切りを開けます。

 

急激にしないで序々に進めるのが正解です。

餌付けの雛は何事も殆ど知りません。

本能的に親を探し求めるようです。

いろいろと学習させなければなりませんね!

 

4/上旬頃は未だ朝方は冷えるので餌場は

狭くして餌を食べられる程度にします。

保温室へ帰るのが分らぬ雛もいるので

狭くするのです。

 

広くしておくと帰る道順が知らず隅へ寄って雛が

次々と重なり合って斃死してしまいます。

狭くするとその事が解消されますよ

一旦学習すると次は保温室へ直行します。

 

例えば子供を急に都会へおいてくると

自宅へ帰れません。

それよりも自宅の近くから段々と道順を教えた方が

賢明ですね。

何事も順序です。

 

疾病を防ぐ

床は細かい金網を張り(ビニール付き)糞や汚れた

餌など下へ落ちるようにしていつも清潔にします。

常時スプレーにて消毒液500~800倍液を散布

 

上部は金網を張ったフタを作り雛の逃避を防ぎます。

10日もすると飛びますから注意が必要です。

各仕切りは上下に上げ下げ出来るようにします。

 

雛が斃死するのはなんでも食べるのと保温、

餌のやり方などですから

最初は金網が適切と思いますね

 

地面だと何事も知らぬ雛は餌と一緒に細菌など

食べてしまいます。

末路は斃死に至ります。

             床下は傾斜つける

掃除は水洗で作業短縮

画像は側面からです糞など落下したら水洗出来るように

斜めにしておきます。

コンパネにゴムなど張ると水洗いした時コンパネの

腐れを防ぎます。

水洗は消毒を兼ねて消毒剤(パコマ、クリアキル)などの

逆性石鹸を使用します

何日かすると雛達の糞や落ちこぼれた餌などで金網が

汚れ落ち難くなるので水をかけておき後日水洗すれば

直ぐ落ちます。

 

この施設は設備するのに大変かと思いますが

後々の事考えれば非常に労力少なく作業が

スムーズに運びますよ!

いろいろ方法はあると思いますが是非

このやり方を試して下さい。

 

         ⇙ ⇙ ⇙

ヤマドリについてはコチラ

http://www.torihiko.jp/

まとめ

雛は最初は何も知りませんので良く観察していろいろな

事を学習させてあげる事が大切ですね

直ぐに覚えます。それには適切な設備です。

そして消毒です。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方