全て1から公開/概要ヤマドリについて | ヤマドリの飼い方 

全て1から公開/ヤマドリについて

                ヤマドリ発生2日令

ヤマドリの概要

日本を代表する野鳥と云えば

国鳥の【キジ】それに準じる【ヤマドリ】

ヤマドリについて大雑把ですが記述します。

分布

体色から5亜種に別れます。
 分布と亜種
種類  分布地      特色
ヤマドリ
(キタヤマドリ)
関西以北
尾羽の幅は狭く細い、全体的に
羽色は淡い 生息場所の環境に
大きく左右され羽の色が多少
なりとも違ってくる。
同じキタヤマドリでも東北と
関西では異なる。

ウスアカヤマドリ
千葉県、静岡県、茨城県、の各一部
尾羽の幅は細い、太いと別れ
ますがキタヤマドリに比べ
やや赤みを帯びています。 
腰の羽色は白い部分が
かなり少ない。
背の羽の光沢が美しい
シコクヤマドリ 中国、四国の一部 尾羽は細長い、 全身の羽毛は

やや濃い

アカヤマドリ
九州以北の一部
準絶滅危惧種
尾羽は太く長い、全体的に
赤みが濃い肩、翼、腰の
白色はない。
コシジロヤマドリ
九州以南の一部
準絶滅危惧種
太く尾羽が長い全体的に
赤み濃い
肩、翼、腰、の白色はない。
ただ腰の羽は見事な白色。

一般的に南方に行くほど色が濃く北方へ行くほど薄くなります。

普通ヤマドリと言えば北ヤマドリを指します。

生息範囲も北は青森~関西以西まで分布しています。

 

残りの亜種は極、限られた場所にしかいません。

一方 メスは茶褐色で滑空時には尾羽の先端に其々

白くなっています。

 

生息場所はキジより山間部に入り体色はキジより

赤みでオス同様滑空はキジより速い。

メスの5亜種の判別は大変困難です。

 

生態

留鳥で山間部の沢沿いから峰に近い所で生息

大方の緑菜は食べますが冬場は緑菜がなくなるので

シダ類なども食し木の皮なども啄ばみます。

 

野生にはありとあらゆる食材が沢山あります

ヤマドリは遺伝的な嗅覚で欲しいものを獲得

しています。

                      ホロ打ち

飛行の速さは例えるならキジが飛行機ならヤマドリは

ジェット機並です。

昔は峰から沢に向かって飛ぶ所謂「沢下り」が良く

見られましたが近年は下らず横へ飛ぶのも見られ

ます。

春先になれば発情が来てオスはドラミング(ホロ打ち)

を盛んに行います。 その羽音は二沢まで届くようです。

キジの生息が平原ならそれより奥の山林のある所に

います。ですからキジよりはより敏感です。

 

何故なら山間部は天敵が沢山います。

そのような過酷な場所で生息するのですから

ピリピリするのも理解できますね~

国内にその素晴らしい光沢ある身体と厳しい環境の中で

生存するヤマドリに感服で・・・

次回 増産の方法

 

     ⇊

ヤマドリについてはコチラモ

 

今回は最終的に500羽目標に進めます。

まとめ

順序良く、手抜きせず行動すれば

必ず良い方向へ行きます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方