ヤマドリの産卵時期| ヤマドリの種卵2 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリの産卵時期| ヤマドリの種卵2

                      ヤマドリ2日令

ヤマドリの種卵2

いざ種卵をふ卵器へ‼       入卵して予定の孵化日に発生

しないとガッカリしますね~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

 

動物の誕生は誰しも気持ちがワクワクし胸が

トキメキます。

 

雛誕生を楽しみに20日以上待って「 又、ダメかー」

残念がる様は気持ちが落ち込みます( ̄▽ ̄;)!!ガーン

 

そんな方に好評なのが “ 種卵100パーセント有精卵 „

の販売です。

しかも発生(孵化)まで僅か3日前後保温という状態で

ヒナが得られるなんてとても嬉しいニュースです。

入卵数5卵くらいのベビーふ卵器でもほぼ孵化します。

種卵の工程

産卵した卵をある程度、数が貯まったらふ卵器へ

入卵します。

孵化日数はキジ23~24日、ヤマドリ24~25日、

コジュケイ17~19日とまちまちなので ずらして

入卵します。

即ちヤマドリはキジより一日早くコジュケイはキジ

より一週間遅く入卵します。

こうする事で発生は同時となります。

孵化後の管理がスムーズにいきます。

ヤマドリ、キジは発生まで23~25日前後ですから10日、

20日と検卵します。

コジュケイは7日、14日と検卵です。

そして21日(コジュケイは15日)に発送と言う順序です。

 

10℃以下にならなければ一晩位は大丈夫‼

ヤマドリの生命力も可成りのものですね

キジ、コジュケイも同様です。

                      ヤマドリ2日令

輸送方法は陸路の場合宅急便です。

一晩で到着と言うのが条件になります。

一晩と言いますと南は関西圏、北は東北一円

になります。

 

その他は航空便扱いになります。

航空便扱いは早朝に羽田空港からの搬送です。

全国へ数時間で届くのでメリットは大きいですね

但し、到着空港まで受け取りに行かねばなりません

梱包はしっかりと❢

輸送するには万全の梱包にしなければなりません

輸送箱の内部は保温出来る様にします。

底部に保温剤(ホッカイロ)を置き

衝撃に耐える様 卵の周りは耐衝撃物、

新聞紙などで丸め囲います。

 

卵を入れる前にあっさり消毒噴霧して蓋を

閉じテープで張り完了

 

卵を入れる前、上部に穴を数か所開けて

おくのを忘れてはいけません。

(換気口)

輸送する際、投げたり、落とすなど急激な

取り扱いしない限り発生には余り影響

ありません。

 

ふ卵器も沢山のメーカーがあります

基本的には余り優劣ありませんが・・・

 

大事な事は小さなふ卵器ほど(ベビーふ卵器)

発生までふ卵器の扉を開閉してはいけません!

何故か?

 

 

 

ホームページキジ ヤマドリについてはコチラ

ヤマドリの全容公開概要はコチラ

まとめ

種卵は購入したらふ卵器が最良‼

仮母ではヒナの状態が分かりずらい

ふ卵器はその点対応出来ます

ベビーふ卵器でも十分対応出来ます。

しかし、設定は厳格に❢

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方