公開|飼育 ヤマドリ・キジの雌雄判別 | ヤマドリの飼い方 

公開|飼育 ヤマドリ・キジの雌雄判別

 

                                                                                                       ヤマドリ45日令

ヒナヤマドリとヒナキジの雌雄判別

発生したヒナの餌付けも成功して日ごとに

成長していくヒナですが 何となく気になるのが

オス・メスの判別でしょうか?

 

簡単な見分け方を紹介したいと思います。

 

その前に鑑別方について

ヒナの雌雄鑑別法

生まれ立てのヒナには羽毛と羽の色、総排泄口

3つの鑑別法がありますが、これらは大変難しい

作業で熟練を要しますす。

 

初生びなを一応大筋で見ますと

▲ 羽毛による雌雄鑑別(羽毛鑑別)

(羽の伸びる速さの異なる雌雄を交配して、
ヒナの雌雄の羽の伸び方の違いを見る。)


速羽性のオス親と遅羽性のメス親から生まれるヒナは、
オスの羽(翼)は端がそろっているのが多い。

メスのヒナは端がそろっていなく、下の羽が長い。
上の羽が長い場合は、オス

▲ 体色による雌雄鑑別(羽色鑑別)

羽色の異なる雌雄を交配して、
ヒナの雌雄の羽色の違いにより鑑別する方法。

(何れもニワトリ)

総排泄口による雌雄鑑別(肛門鑑別法)

ヒナの肛門をわずかに開け突起部の有無で見る
突起部があるのがオス
突起部がないのがメス

 

これらの作業は困難なため一般にはしません。

又、初生雛の頃は雌雄には余り拘らないと思います。

知りたいのは30日前後からの頃でしょうか?

羽色鑑別

容易に識別出来る方法があります。

これは前記しました“羽色鑑別„です。

 

しかし、最低でも30日令くらい過ぎてからです。

40日令経てば一目瞭然で目視で分かります。

 

ヤマドリの場合は翼でなく尾羽根で見極めます。

 

右の画像の尾羽根を注目すると

オスの場合は成鳥になった時の尾羽の“節„になる

のが微かに出て来ます。

白っぽい横縞です。(c)

(黒丸の部分)

縞模様が出るのは尾羽根の一番中央から左右に出ます。

これらは30日令前後から見られます。

 

一方メスの場合は尾羽根の一番中央の2本が(B)

残り左右の羽根より色彩が濃い焦げ茶色

残りの羽根は薄い茶色(黒丸の部分)

横縞は出ません。

 

尾羽根全てに先端の部分に白いのが付きます(A)

これらは45~50日令くらいになれば目視出来ます。

画像の黒丸の部分がそうです。

 

30日令前後と言ってもヤマドリヒナの生育状態

により個体差が出ます

生育の遅れたひなはもう少し日々がかりますね。

 

体形からもオスはメスより一回り大きいし

頭部がシッカリしていて脚も太いようです。

更に時が過ぎて来ると中ビナの羽根は抜け変え

成鳥の羽根が出て来ます

 

 

 

探し求めた!!|ヤマドリの全容公開|概要はコチラ

日本キジ・ヤマドリ養殖センターはコチラ

まとめ

雌雄の判別が分かれば後々の作業に対応できます

から早期に分かれば越した事はありませんね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方