全て1から公開/飼育の仕方/10~30日令 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/飼育の仕方/10~30日令


                     ヤマドリ発生2日令

飼育の仕方

10~30日令

10日令位になると保温室から新たな保温室へ

ここは自家製ですが長方形の台に上部だけ

屋根のついたような形で

熱が逃げないように周りを覆います。

 

そこへ100ワットの電球を2つ下げて熱源とします。

熱源はサーモスタットで調整するようにしておきます。

 

電球を2つ下げるのは一方が切れた場合の予備とし

又、寒い朝方は温度が上がらないので

必要になります。

 

床面は金網からコンクリートにします。

 

何故コンクリート?

 

どうしてかと言いますと先ず疾病対策です。

雛のうちは給餌する時いろいろなものを食べて

しまいます。

故に疾病の基になりいづれ斃死してしまいます。

 

床面の傾斜は洗浄するとき水はけを良くするため

洗浄は勿論消毒剤を兼ねての洗いです。

汚れが出たら直ぐに洗い流します。

 

雛が体力つくまでは細菌などかからない様に

衛生面は万全を期したいものです。

 

給餌

給餌は朝晩ですが様子を見て補充します。

餌を掻き散らすので餌箱は其々改良した方が

良いでしょう。

餌は必要以上与えないで新鮮な餌を状態を見て

与えるようにします。

                   飲み水

飲み水

飲み水ですが器、容器に入れず水道から引いた

水をタラタラ流すようにします。

常にキレイな水を与えます。

 

緑菜

大事なのは柔らかな青菜です。

大概の葉は食べますがこの時期はなるべく

柔らかな葉が好みます。

自家栽培の白菜、キャベツ、大根などを丸のまま

与えます。

 

鳥は歯がありませんから呑み込むだけです。

やたらに長いまま与えると呑み込んでしまい消化不良を

起こし弱ってしまうので必ず丸のまま、茎のついた物を

与えます。

嘴でつまんで食べさせます。

緑菜はとても大事です。

 

ストレスの解消

固体(雛)は退屈しますので常に環境を変えること

良いですね。

ひとつには前記しましたように緑菜などを

与えると摘んで一日で無くなってしまいます。

 

この頃の雛の成長ぶりは、目を疑うほど急速に

大きくなります。

 

30日くらいになりましたら保温は廃温にしますが

冷え込みがある時は保温して上げます。

常に天気予報を見ておく事ですね

 

又、昼間暑い日が続く時は1~2度散水してあげます。

ストレス解消にもなり以後の雨対策にも効果的です。

ヤマドリについてはコチラ   ⇇

http://www.torihiko.jp/

 

雛達は好奇心があるので部屋には幾つかの

障害物などを置いておきます。

清掃する時、動かせる程度の重さが良いですね

止まり木もつけてあげると一斉にそこへ止まります。

 

次回は 飼育の仕方30~60日令

まとめ

 

丈夫な雛を作りあげるにはそれなりの努力が

必要です。

餌の種類、衛生面、遊びの設備、緑菜などなどです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方