キジ全て公開|飼育|種鳥の選別 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|飼育|種鳥の選別

                      キジ一対 

種鳥の選別

今回から一旦「ヤマドリの飼い方」に関する事を離れてキジ

の飼育について書いてみたいと思います。

キジはヤマドリ同様飼育は似たり寄ったりですが

幾分、異なる事もありますね・・

 

大きな利点と言えば「有精卵の獲得」が容易なことです。

初心者でも簡単に飼育出来ます

しかしある程度の知識は必要ですね・・

有精卵は初卵(3月下旬頃)と終卵(7月上旬頃)は80%位ですが

最盛期になると95%位でしょうか・・

先ずは難関突破です。

 

種メスを選ぶにはヤマドリ同様です。

コチラから

メスの状態の見極めが大事ですね!

種卵を得るには、年数2年目をピークに1年目、3年目が

良いです。

3年以降はだんだんと下降していきます。

メスはその都度入れ替えをします。

 

雛を種鳥として使う時は1回限りにします。

血縁上良い結果が出ませんのでオス、メス

どちらか変えます。

愛玩として飼育するにはその点は無視して良いでしょう。

条件が良ければ楽に10年は飼えますよ!

オス・メスの比率

さて種卵を得る方ですが

オス、メスの比率は1:3~1:7くらいでしょう

仮に1:1にした場合 強いオスの場合にはメスを

殺傷しかねないので最低でもメスは3羽以上にしたいです

勿論、メスが多くも無性卵が出る確率は微々たるもの

必要に応じて加減した方が良いですね。

施設は場所をとらない

施設はヤマドリと違って有精卵を得る事が容易なため

広い施設は必要ないです。

施設は後程書きますが一坪程あれば可能です。

メスが多くもオスは必ず1羽です。

他種の鳥もオスは1羽です。

発情期になると殺傷するからです。

                     キジ オス・メス

どうしても雛を求めるなら出来るなら2対用意すべきです。

と、言うのはオス、メスどちらも1シーズンおけば

何かトラブルが出てきます。

淘汰した時は特にオスの場合いなくなればそのシーズン

はムダになってしまいます。

オスは予備としておくべきですね!

種卵を得る時期

12月には入れて様子を観る事です。

必ず異変が生じますので日々観察です。

少なくも産卵2ヶ月前にはペアを整えておきたい!

いきなりオス、メス組み合わせても旨くいきません

人間も急に親の言うとおりに一緒にされては

旨くいきません・・

鳥の世界もそうなんです・・・

明快にしたいのは鳥との意思疎通なんです・・

それには日々の観察がとても重要になります。

↙ ↙ ↙

 

キジについてはコチラモ

 

 

 

まとめ

選定で1シーズンの良否が決まるので

慎重に対応しなければなりません。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方