全て1から公開/増産の方法/自然交配 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/増産の方法/自然交配1


                  ヤマドリ発生2日令

自然交配

ヤマドリは人里はなれた山に生息します。

静粛な山間には天敵こそいますが

持って生まれた本能で厳しさに耐え

力強く生きているんでしょうね。

ヤマドリは繊細

人間社会の騒々しい雑音などは嫌がるでしょう。

春先前にはオスが発情に達して翼を激しく打ち震わせ

ドッドッドッ~と大きな音を出します。(ドラミング)

その音は谷間2つも聞こえるそうです。

                        ドラミング

       

 

聴覚の優れたメスがそれを聞いてよって来て求愛します。

恵まれた自然でいろいろな食材もありビタミン、ミネラルなど摂取し丈夫な体力を維持しているんでしょう。

 

その様な国内固有のヤマドリは昨今準絶滅危惧種

指定の有様是非とも

増やしたく現在に至ってます。

 

極力自然のように

自然のような施設を作るのが理想ですが

現実的でありません。

 

しかし、それに似たような自然にすることにより

高受精率を獲得する事が出来ます。

飼育に当たって各プロセスで必ず壁につき当たります。

「ちょっとひっかかるんだけどどうすればいいのかな~」

ストレスを抱えたままでいないで一呼吸!

 

そのような時はいろいろ試行錯誤しながら進みますが

どうしても分からない時は自身のみで悩まず廻りの人達

あるいは書籍など見当するのがよいですね。

その方が大きな時間の短縮になります。

 

さて、本題ですが

自然のヤマドリは余り無精卵がないですね、オス、メスの

調和がとれているせいでしょうか?

疑問が抱いたら直ぐ自然の山を思い浮かべた方が良い

結果に繋がります。

種鳥を入れるテリトリーも出来る事は全て補って整えます。

具体的にはひとつのテリトリーを少しでも山に見習って

峰、谷と変化を持たせます。

決して地面が平面ではいけません。

 

障害物を沢山置いて半分は個体(ヤマドリ)が何処に

いるか分らぬようにします。

餌場のみ雨が凌げるように屋根(トタンで十分)は餌が

雨に当たらぬようにするだけで良い

自然界では屋根などありません!

 

今回は目標500羽ですね!

メスの種鳥は実際何羽必要なのか?

40羽です。

しかし熟慮して5羽追加が良いでしょう

それと言うのも一シーズンは長いです。

 

その間どんなアクシデント

があるか分りません。

ですから予備も兼ねておきます。

 

何もなければそれに

越した事ありませんね

     ⇊  

ヤマドリについてはこちら

http://www.torihiko.jp/

アクシデント

襲撃 

 

 

                    ノネコからの被害

地上から 小、中獣類

主な者はノネズミ、イタチ、ノネコ、野犬、

テン、ハクビシン、キツネ等など

特にイタチは要、注意です。

爪のある獣類は動いている獲物には殆ど

襲いかかります。

酷い時は全滅します。

本能からでしょう。

ですから外廻りは念には念を押してしっかり

固めましょう。

一シーズン不意にしてしまいます。

泣いても泣き切れませんからね~。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

 

次回は自然交配2

まとめ

有精卵を出来るだけ獲得するには下準備

が大切です。

こまめに細部まで気を配る心構えが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方