キジ全て公開|飼育|集卵 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|飼育|集卵

                                                                               キジ一対

キジの施設

産卵

ヤマドリと違い施設はかなり小さくて済みますから

集卵は容易い

キジの産卵は朝方、昼頃、夕方とマチマチです

朝方はまばらですが昼過ぎから夕方に集中します。

産み方はいろいろですね・・

 

浅く穴を掘り木の葉を敷いて座り心地良いように

丸めて産みます。 これは自然界と同じ

大体は同じ場所ですが所構わず産むのもいます。

産んだら直ぐに取るようにします。

 

水溜りに入った卵は捨てるように

細菌が卵中に入ってしまい孵化に影響が出ます。

汚れの除去

ヤマドリと同じですが集卵した卵は直ぐに汚れを

取り除く。

流水にて汚れを落とす。(2~3秒くらい)

鈍端部を上にし1,000倍の消毒液を散布する。

 

書物などでは水洗いは禁物とありますが、現実では

何年も実証済みです。異常ありません。

自然では風雨もありそれに耐え孵化しています。

生命力は計り知れないものを持ち合わせているんですね~

理論と現実は相、反するものがあります。

 

消毒液はいろいろありますが逆性石鹸のパコマ、

クリアキル、アストップなどなどで1,000倍液を

散布します。

朝晩、毎日消毒液をかけて乾燥しないようにする。

 

種卵は集卵後直ぐに洗浄消毒するのが理想

これは時が経つにつれ病原菌が卵殻内に

入ってしまうからです。

 

2時間が限度で後に消毒しても後の祭りで

消毒の効果は半減します。

そういう事があるので集卵回数は日に最低4回

以上行いその度に消毒をします。

これをしないと後々の孵化率、育成に

左右される重要な事です。

卵の消毒

逆性石鹸、両性石鹸1,000倍液で1~3分

液温40~43℃が重要

液温は絶対に卵中温度より低くてはならない。

集卵

キジ(種親)を出来るだけ刺激させないため

外部から集卵する

                       集卵する網

方法として両隅の網に画像の「タモ」が入るくらいの

穴を開け救い摂る事によりキジを脅かさず

又、いちいち中へ入る手間が省ける

それに中へ出入りする際キジの逃避を防ぐ

食卵

これは困りますねえ~

ストレスとかキジの性格、餌の成分不足などが

ありますが初卵、終卵の頃に見られます。

チョット突くようなら最盛期には治るようです。

全部食べてしまう様ならそのようなキジは

替える用意があります。

 

どうしてもそのキジを使いたい時は応急処置

として嘴の先の尖がり部分を「半田ごて」で平に

焼き切ります。

産卵個数

様々です。 10~50位い 正常で2腹~3腹

つまり 抱卵は10~13個位ですが何かのトラブルで

消滅した後又、抱卵します。

いつ頃まで産卵

3/中旬~7/中旬  その前、その後もあります。

これも様々です。

平均に産むのもあれば一服してからのもありますが

マバラです。 要は平均より上なら嬉しいですね~

やはり、4~5月は最盛期ですね!

この二ヶ月で大方占めるようにしたいです。

   ↙ ↙ ↙

キジ、ヤマドリについてはコチラ

 

まとめ

孵化率を上げるために産卵後直ちに集卵

して処置します。

卵の表面は肉眼では見えない無数の穴があり

細菌が侵入してしまう恐れがあるので

極力早めに集卵します。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方