ヤマドリ全て公開|飼育|消毒剤のいろいろ1 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て公開|飼育|消毒剤のいろいろ1

                      ヤマドリ発生2日令

消毒剤のいろいろ1

ヤマドリの施設、固体(ヤマドリ)などに付着した

微生物を排除するには「物理作用の方法」「科学的

消毒方法」があります

「物理作用の方法」には紫外線や熱による物理的な

方法があります

今回は一般的な科学的消毒方法

を述べます。

科学的消毒方法

消毒のメリット

①物品を消毒によって害する事はない

②手広く消毒出来る

③雨天でもどこでも実施出来る

④隅々まで消毒出来る

⑤効き目が早い

⑥簡単に出来る

消毒薬の部類と特性

一般に使われている消毒薬を調べました。

 

その前に消毒薬の比較を参照  消毒のやり方

 

消毒薬には各メーカーでいろいろありますが

安全性、使い易さ、効力などからみると

逆性石鹸、両性石鹸が主流です。

 

用途により使い分けは決めるとしても

一般的には逆性石鹸などが多いようです。

数百ミリリットル~数十リットルと

いろいろな容器があるので好みのを選びましょう。

購入はお近くの薬局へ行けば手に入ります。

 

消毒したから菌が無くなった?

そうはいきません!

病原体と向き合い戦って勝つのが消毒ですがたまたま

邪魔をするのがいます・・・

 

有機物の正体

それは細菌などと比較しても、とてつもない

大きな物体です。

なんでしょうか?

有機物です。

これは全ての生物の排泄物、死骸です。

 

消毒力を邪魔だてするもの

有機物はどのようにして妨害するか

肉眼では全然みえないが顕微鏡では無数の菌が

ビッシリ なにしろ超ミクロの世界ですから

無理もない話

 

その有機物の中までは消毒剤も表面だけで

入っていけません。

入っていけたとしても消毒力が弱くなって

しまいます。

結局効力を失います。

消毒薬の分類と特性

一般的な消毒薬をあげてみます。

逆性石鹸

陽性界面活性剤とも言われます。

■ 水に溶けるとプラスの電気を帯び強い

殺菌力を持つ

(石鹸はマイナスの電気)

細菌やウイルスはマイナスの電気を帯びて

いるので引き合って殺菌、殺ウイルスを用意に

出来ます。

■毒性、刺激性は低く金属腐食性も少ない

■用途としては鶏舎、フラン機の消毒、

育すう舎の消毒、給餌器などの器具類

と広範囲に適している

■鶏体噴霧、飲み水消毒の安全性も大丈夫です。

両性石鹸

■プラスとマイナスの両方の電気を持つ

両方の電気を持っているので殺菌剤や洗剤的に

効力を発揮します。

しかし、同時に両方の作用を発揮することは

出来ない、一方に働けば他方は弱くなります。

利点は毒性、刺激性、腐食性が少ない

逆性石鹸よりはやや効力が低い

用途としては鶏舎、施設の消毒、給餌、

給水などに適します。

続く

    ↙ ↙ ↙

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

毒性、刺激性が低く効果が出る

逆性石鹸、両性石鹸が望まれます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方