キジ全部公開|餌の選別は?|主食は? | ヤマドリの飼い方 

キジ全部公開|餌の選別は?|主食は?

                 キジつがい

キジの飼料

主食

キジ・ヤマドリも昔は鳥の餌を自家製で与えて

いましたが摂取成分がかなり落ちました。

現在は何処でも手に入りますが、ニワトリの

配合飼料が使われています。

 

粗さもメーカーにより様々ですからキジに

適したのを選びます。

にわとりの配合飼料はどのメーカーも似たり

寄ったりですが一応均一です。

 

疾病対策として抗菌剤はメーカーにより違います。

キジ専門の餌も販売しているところがありますが

価格が高いです。

 

増殖しようと思うなら購入も良いでしょうが

一般的には不経済ですね!

コメなども混ぜると良いです。

 

いろいろと試してみることでキジの好みが

知る事が出来ますね!

キジの餌は端的に言えばタンパク質が多い事です。

これらは個人的に賄う事ができますね

                         キジ100日令

キジ・ヤマドリはニワトリと違い元々野生の鳥なのて゛

配合飼料だけでは不足な成分もあります。

 

自然界で生息している様にまでは往かない

にしても人が飼育する場合はそれに少しでも

近づけなければなりませんね!

 

そうする事によりストレス解消、キジ自体

健康な身体に仕上がります。

 

重要なのはキジ、ヤマドリはニワトリと違い

タンパク質の摂取が多くしなければならない

と言う事です。

飼料の成分

ニワトリの配合飼料の成分をみますと

5つの栄養素があります。

■たんぱく質

体内でのおもな働き エネルギー源、体の組織をつくる

細胞の大事な構成物

筋肉・臓器などの体組織や、酵素・血液などを形成しています。

■炭水化物

体内でのおもな働き エネルギー源

炭水化物は、糖質と食物繊維に大別されます。

糖質はエネルギーの発生源としてはたらき、

エネルギーを発生します。

 

食物繊維はエネルギー源にはなりませんが、

健康のためには必要な成分です。

■脂肪

体内でのおもな働き エネルギー源、体の組織をつくる

エネルギーの発生源

■灰分(無機質、ミネラル)

体内でのおもな働き 体の組織をつくる、

生理作用の調整

■ビタミン

体内でのおもな働き 生理作用の調整

成長や健康維持には欠くことのできない栄養素です。

 

体内でのおもな働き

ビタミンとミネラルは摂取量が微量ですが

雛にとってはとても大事な栄養素です。

 

自然界にある物を与えると良い結果がえられます。

日々の給餌は餌が残らない様にします。

 

どうしても最初は粗い物から食べるのでコマカイ

餌は残りがちですから給餌する量は加減する事です。

 

コマイ餌の中には栄養素が大分入っているので

食べさせなければなりません。

 ↙ ↙ ↙

キジ、ヤマドリについてはコチラ

まとめ

飼育されている鳥は限られた餌だけ食べているので栄養

バランスは崩れていますので不足ぎみの成分を

与えることが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方