ヤマドリ全て1から公開/飼料/主食ー副食 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/飼料/主食ー副食

                     ヤマドリ発生2日令

飼料

主食・副食

成分量

最近はどのメーカーでも似たような成分です。

粗脂肪、粗繊維、粗f灰分、カルシュウム、リン

 

特に雛の成長期には表記されている

より大目の成分が必要です。

穀類
エネルギー源となる  とうもろこし、

マイロなど

植物性油脂
植物の種実からとった後の粕 大豆粕など
動物性たんぱく質
雛の成鳥に欠かせない

不足すると成鳥の遅れ、孵化率の低下の障害が出る魚粉、肉骨粉、ミールなど

飼料添加物
飼料の品質の低下の防止
抗酸化剤 酸化防止剤 とは、製品中の成分の酸化を

抑制するために添加される抗酸化物質

抗菌剤 抗菌薬 とは、細菌の増殖を抑制したり

殺したりする働きのある化学療法剤

サルファ剤など

抗生物質 抗生物質 とは「微生物が産生し、ほかの

微生物の発育を阻害する物質」

ビタミン 炭水化物・タンパク質・脂質以外の

有機化合物の総称である

 

ヤマドリの飼料

ニワトリの配合飼料だけではどうしても

不足な成分があります。

ヤマドリは自然界ではあらゆる植物、

昆虫類など食べているから人工的に飼育

する際にはそれなりの必要とされる物を

補給しなくてはならない。

 

特に動物性たんぱく質、植物性たんぱく質、

ビタミン、ミネラルなどは不足のようです。

夏から秋ころになると昆虫など(イナゴ、

バッタ、コオロギ、クモ、ガ、カエルなどなど)

を夢中で食べます。

動いている虫などを捕食するのは雛にとっても

習性なので嗜好性も高まりますね

 

飼料の形状

種鳥用

粒状の飼料

                            マッシュ

繁殖期(1~6月)

通常よりたんぱく質を多くする

魚粉だけだと乾燥していてサラサラ

なのでどうしても後に残ってしまいます。

対処としては緑菜を刻み水に浸し魚粉

と混ぜ最後に配合飼料と撹拌します。

 

幼雛用 (2~15日くらい)

雛用クランブル(ペレットを粉状にしたもの)

タンパク質を多目に補充する

野草のハコベを刻んで餌と混ぜて与える

餌付けにはハコベが最適です。

 

                            

 

 

中雛用 (15~60日くらい)

                          クランブル

クランブルに少量のマッシュ(粉状)を

混ぜて与える。

 

餌入れの容器も大きくします。

朝晩給餌 緑菜は必ず与える

 

大雛用 (60日~)

クランブルにマッシュを混ぜる

 

副食

緑菜、

栽培した野菜は丸のままが良い

好きなだけ摘んで食べます。

栽培し易いのは白菜、キャベツ、大根などですね

自家製の野菜が不足したら野草を提供する

ようです。

 

植物なら大方何でも口にしますが除草剤散布した

ところは前持って情報を入手しておきます。

ツル状のアレチウリなどは大好物ですよ

 

生き餌

虫をみると本能的に虫に喰らいつきます。

初秋にはいろんな昆虫などが沢山いますね

イナゴ、スズムシ、カマキリ、チョウ、などなど

市販のワームミールなども良いです。

 

腐れかけた木

しいたけ栽培で不要になった木などは良い

です。たいがいの木なら大丈夫でしょう。

植物の皮も突いて食べますね

 

    ⇊
ヤマドリについてはコチラ

 

次回は施設

まとめ

主食の他にビタミン、ミネラルが大事

限られたものだけなので出来るだけありと

あらゆるものを与えたいですね

  

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方