ヤマドリ全て1から公開/飼料/主食 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/飼料/主食


                     ヤマドリ発生2日令

 

飼料

主食

昔は鳥の餌を自家製で与えていましたが摂取

成分がかなり落ちました。

現在は何処でも手に入りますがにわとりの配合飼料

が良いと思います。

 

にわとりの配合飼料はどのメーカーも似たり寄ったり

ですが一応均一です。

ヤマドリはニワトリと違い元々野生の鳥なのて

配合飼料だけでは不足な成分もあります。

 

          ヤマドリ雛 14日令

配合飼料の成分

5つの栄養素があります。
たんぱく質 体内でのおもな働き エネルギー源、体の組織をつくる

細胞の大事な構成物  体内でアミノ酸に分解される

筋肉・臓器などの体組織や、酵素・血液などを形成しています。

約20種類のアミノ酸から構成されており、エネルギーを発生します。

炭水化物 体内でのおもな働き エネルギー源

炭水化物は、糖質と食物繊維に大別されます。

糖質はエネルギーの発生源としてはたらき、

エネルギーを発生します。

食物繊維はエネルギー源にはなりませんが、

健康のためには必要な成分です。

脂肪 体内でのおもな働き エネルギー源、体の組織をつくる

脂質は、中性脂肪、リン脂質、コレステロールなどを含んでいます。

エネルギーの発生源

灰分(無機質、ミネラル) 体内でのおもな働き 体の組織をつくる、

生理作用の調整

無機質はエネルギー源にはなりませんが、

骨や歯を形成し、たんぱく質などとともに人体を

構成しています。

無機質は不足すると、骨粗鬆症や鉄欠乏性貧血

などの欠乏症になります

 

ビタミン 体内でのおもな働き 生理作用の調整

ビタミンはエネルギー源にはなりませんが、

成長や健康維持には欠くことのできない栄養素です。

脂溶性と水溶性があります。

体内でのおもな働き

エネルギー源

 

 

糖質とタンパク質、脂質はエネルギーを生み出します。

体の組織をつくる

タンパク質は、体中の細胞やホルモン、

酵素、遺伝子、免疫物質、

 

カルシウムは骨や歯の材料

生理作用の調整:代謝・免疫・抗酸化作用の

活性化や、生体システムを円滑にする働き

 

ビタミンとミネラルは摂取量が微量ですが

雛にとってはとても大事な栄養素です。

自然界にある物を与えると良い結果がえられます。

 

  ⇊

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

飼育されている鳥は限られた餌だけ食べているので栄養

バランスは崩れていますので不足ぎみの成分を

与えることが必要です。

次回 主食ー副食

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方