ヤマドリ全て1から公開/施設/30~60日令 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/施設/30~60日令


                       ヤマドリ発生2日令

施設/30~60日令

この頃はハト位の大きさになり動きも活発です。

収容する所も広くしなければなりません。

 ← 5→         ← 2.5→   ← 4 →      ← 5 →

■    ■

↑    ↑

飲み水 飲み水

 ↑ ◆傘型保温器

3メートル

飲み水

飲み水

飲み水

  ◆傘型保温器

3メートル

飲み水  飲み水

↓    ↓

■    ■

飲み水

飲み水

飲み水

← 5 →        ←2.5→    ← 4 →      ← 5 →

各、群れと群れの境には仕切りを設け

追い込む時,開閉します。

最初に入れる所だけ保温球(100ワット)を

4個取り付ける朝方の冷え込みが厳しい時、

点灯して雛同士の重なりによる圧迫死を防ぐ

設定はタイマー付きにします。

点灯する時は前日の天気予報の情報を把握

しておく必要があります。

何度か繰り返しているうちに廃温出来ます。

床面はコンクリートで傾斜を付け水洗の時

流れを良くする。

天井は一番目と二番目は屋根を葺き雨対策とする。

三番目と四番目は半分露天にして雨に対する

学習をさせる

夜露も経験して序々に覚えます。

この時三番目と四番目の仕切りは開放です。

順序として一番目→収容した頃は警戒して動きが

活発でない、この場所に慣れて

くると食欲旺盛になる

(1~2日)

二番目→→ 慣れてきたら仕切りを開放する

この状態で一週間程度様子を伺う

何事もなければ三番目、四番目へ移動です。

三番、四番目の仕切りは開放です。

この作業の中で大事な事は雛同士のトラブルです。

同じ場所に長期間飼育していると慣れてきて

雛同士が争いを起こします。(人工飼育のため?)

自然界では広々とした大地に囲まれ必要な物は

取り入れる事ができます。

ストレスなどおぼつかないでしょう。

人工的に飼育するには自然のような条件は

無理としても出来る限り自然と似たような

環境作りが求められますね

しかし、限界があります。

ストレスが蓄積して、はけ口がなく受け皿がないので

そのような行動にうつるんですね!

どうすれば解消されるか?

鳥はサル山と似てますね~

群れには序列があり必ずボスがいます。

人間から見ればどれも同じように見えて

区別出来ません。

ヤマドリにもそのような気配が見受けられます。

動物には人には、おぼつか無い能力が

存在します。

そこで、雛の育て方はその隠れた能力をいかに遅れ

させるかそれにつきます。

雛達の日常の行動ですがある程度の期間

(観察して見る)はそれなりに生活しますが過ぎると

いろいろな行動に移ります。

そこで環境を変えることにしました。

鳥は 変化 が必要なんですね~

無理もありません!

自然とは比べも出来ない環境下で

飼育するんですから・・・

それらの本能が目覚める前に作業をすれば

良いんですよね~

作業工程は雛より早め、早めにすることが大事!

目覚める前にですよ!!

人工的に飼育するには限られた部屋で飼育しますが

時がつれ雛は仲間を攻撃の対象にします。

羽数にもよりますがそのような事が起きます。

ですから常に 変化 を与え持ち堪えさせるのが

良いですね~

逃げ場

具体的には逃げ場を作ってあげます。

ヤマドリは日頃何か異変が起きると素早く

逃避の状態をとります。

廻りに障害物がなければ逃げ場を失い

仲間のイジメの対象になり攻撃されます。

板、箱、パレット、等いろいろな物

1/3~1/4位部屋の隅々に置きます。

清掃する時負担が無い様に軽めの方が良い。

雛は自由に出入りし無用な行動はなくなりますね。

 

    ⇊

ヤマドリについてはコチラ

http://www.torihiko.jp/

次回は 施設60日令~

まとめ

雛を如何に退屈させないかがポイント!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方