ヤマドリ全て1から公開/飼育について/30~60日令 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/飼育について/30~60日令


                         ヤマドリ発生2日令

飼育の仕方

30日令~60日令

30日令

中雛のテレトリーへ移動します。

移動手段は追い込みが効率良いのですが、

固体(雛)の健康状態をみるのに一羽々捕まえ

調べます。

この際、疾病対策としてワクチンを接種します。

点眼接種です。

主なものはニューカッスル、鶏頭、気管支炎、

等です。

大変ですが発病しますと伝染性なら忽ち広がり

対処が困難になるので是非共実行したいですね!

 

移動したテレトリーは30日令より3倍くらい広く

日令が増すたびに段々と広くした方が良いです。

                ヤマドリ オス

中の構造

床面は未だコンクリートで清掃するのに

簡素化します。

隠れ家として障害物などおきます。

成るべく持ち運びが簡単な軽めの方が良い

固体(雛)は何か異変があると隅へ行く習性があるので

重なり淘汰しないためにも障害物は必要ですね。

 

この頃は砂浴びもしますので一角に器の中へ消毒した

砂+土を混ぜたのを置きます。

飼料のみだけではダメなので緑菜は欠かせません

自家製の野菜が不足したら野にある柔らかな野草を

与えます。

                        アレチウリ

アレチウリ(外来種)という野草は好んで食べますよ

ウリ科のツル状のものであと始末も簡単ですね

 

野草の場合は除草剤を撒くようなところは極力

避けた方が良いですね

 

暑い日、又好天が続く時は散水してあげるとストレス

解消にもなり後々野外へ出たときの対策にもなりますので

実行したい事柄です。

 

60日令頃

だんだん時が経過してくると次のテレトリーへ移動です。

いつまでも同じ場所におくとカンニバニズム(羽根食い)

が出てくるのでそのような様子が見られたら直ぐに

移動したほうが良いです。

鳥はあくまでも自然界なら兎も角、人工的に飼育した場合

自然界にないものばかりなので出来る限り似た環境に

したいですね

 

変化が欲しいんですよ~

 

次へ移動です。

ここはもうコンクリートはありません。

すっかり体力も付いたし陽の当たる地面です。

移動する前に前もって土壌の消毒を丹念にして

おきます。

消石灰を撒き転地変えします。後に消毒剤を散布

(パコマ、クリアキル、アストップなど)

ここは草木などあり雛達にとっては楽園です。

しかしこれも数週間経つと食いつくしてしまいます。

その頃は自然にも適応した成鳥になりつつあります。

   ⇊

ヤマドリについてはコチラ

/http://www.torihiko.jp/

 

次回は主食

まとめ

この時期は人に例えるなら10代ころになりますね

人同様、多感のころです。

ここでしっかり体力つけさせるためにも管理が

大切ですね(^^)ニコ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方