ヤマドリ全て1から公開/疾病/呼吸器 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/疾病/呼吸器

                    ヤマドリ        発生2日令

疾病

呼吸器疾病

代表的なものは〔ニューカッスル病〕ND、  〔 伝染性咽頭気管炎〕

I、L、T  〔ニワトリ伝染性気管支炎〕I、B  〔マイコプラズマ感染症〕

〔鶏痘〕などてす。

ニューカッスル病

今回は過去に感染して多大な損失と労力をしてしまった・・

苦い経験がありその疾病を詳細に書きたいと思います。

〔ニューカッスル病〕ND は恐ろしい伝染病です。

このような疾病は普通にはありませんが・・

 

感染したのは致死率1~10迄の内9でした

なにしろ飛んでいるキジが急に落下してしまうんですから

弱った鳥も1週間くらいには淘汰してしまいます。

キジ、ヤマドリ、コジュケイなど全滅で

その数6,000羽でした・・。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

あと始末が大変です。

後処理が大変

保健所から数人来て指導を受け、これが又困難を期しました

症状により不活化ワクチンを1羽1羽何度も接種して対処

期間も2ヶ月くらいかかったか・・

キジ舎の入り口付近は石灰で真っ白、キジ舎の中も石灰

だらけです。

 

淘汰したキジ、ヤマドリ、コジュケイなどは消却処分又は

キジ舎内に穴を掘り石灰を何百袋も撒きましたね・・

消却処分は朝から夕方迄2~3日かかりました、なかなか燃えず

苦労の連続でした。

このような事も知識と経験あれば防げた事案でしたが

当時はそのような事は一切無でした。

発生

これは明確です。

ある団体からコジュケイを大量に供給できないか?

と、話しがあり早速親鳥の確保に当たりましたが

なかなか見つからずそれではと思い海外からの輸入

に至りました(業者を通して)。

〔海外からの輸入は慎重に〕

 

ところが当時(数十年前)は空港での検疫はニワトリより小さい

鳥は検疫しなかったのです。

従って感染した個体がそのまま当キジ舎へきてしまいました。

私としては勉強不足でその様な事はまったく知るよしも

ありません。

 

結果はどうでしょう

惨状です。 コリゴリです。

他所からの移入は十分な注意が必要です 慎重に!

 

原因 病原体

強毒性と中間毒性、弱毒性があります。

今回のは強毒性に当たります。

 

強毒性は致死率100%に近いです。

中間毒性は雛では死亡率が高いが成鳥では低い

弱毒性は日令に関係なく致死性を表わさない

ウイルスは夏より冬の寒い時期に生存率が高い

 

しかし、菌と言うのは消毒による抵抗は弱いので

消毒は毎回徹底して実行したいですね

消毒液は 感染性を消滅するのは逆性石鹸消毒液

、両性石鹸消毒液、クレゾール、ホルマリンなどで

数分で感染性をなくします。

 

症状

急性致死方(アジア型)

鳥の群れに侵入した場合数日のうちに発病し、食欲不振、

沈うつ、開口呼吸、発咳、などの症状が出て急激な死亡

を経て90~100%落ちる。

特徴は濃い緑色の便が目立つ

 

慢性型(アメリカ型)

発病すると開口呼吸、喉鳴音、せき、を起こし続いて

神経症状を起こす。

致死率は雛50~90%  成鳥は10~50%位

                   ヤマドリ ホロ打ち

 

予防  治療

手段として一般的な衛生管理 、ワクチンによる予防がある

 

一般的な衛生管理は淘汰するのが重要

鳥の群れへの病原侵入を阻止

重要な事は汚染地域からの全ての遮断を徹底して行う

 

ワクチンによる予防

たまたま病原が侵入した場合鳥の群れに免疫を付け

最小限に食止める

 

不活化ワクチン

生体に注射されたワクチン中の不活化抗原が増える

事はないが直接作用して生体に免疫を促す

生ワクチンに比べ大量の抗原が必要

 

特徴として、いかなる活性微生物を含んでいない

ので安全性である

免疫が均一、段階的に注射すると免疫が増強される。

一羽一羽の接種なので大変

 

生ワクチン

生体に接種したあと増殖によって出来た抗原が刺激となって

生体に免疫を促す

一回の接種で生抗原量は微量

 

何れにしてもこのような事は滅多にありません。

身から出た錆びです。

正しい飼育を心掛けていれば大丈夫でしょう。

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

消毒はこまめに行ったに越した事はありません。

病原菌がなければ生体も体力つきますし安心して

飼育出来ます。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方