鑑賞用コジュケイの飼育1 | ヤマドリの飼い方 

鑑賞用コジュケイの飼育1

コジュケイの飼育

施設

“ チョット コイ チョット コイ „と

甲高い声で鳴くハトより小さめのコジュケイ!

狭い施設でも十分

すばしっこく捕えるにも一苦労・・

小柄なので設備も容易いですね

但し「穴」、「裂け目」などないように

十分注意が必要です。

 

何しろ集団性があるので一羽が逃げると

後のが追従してしまいます。

広さは半坪程あれば十分ですが広いに

越した事はありません

 

後々の管理にも影響しますし

コジュケイにとっても伸び伸びと生きていけると

思います。

 

作業の簡素化

内面は最低でも2ツ以上に区切り簡単に作業を

出来るようにしたいです。

 

角に30センチくらいの仕切りを作っておけば

作業をする時はコジュケイを反対側へ追い込み

ます 

 

追い込みは仕切りを前以って開けておき

中へ人が入れば自然と反対側へ簡単に移動します

のでむやみに脅かさずしたいものです。

 

高さも背丈より少々高めにします。

作業が自由に出来ますね

仕切りは必要に応じて開閉します。

 

普段、開けておいても良いです。

外廻りは「鑑賞用飼育場1」を参照

外壁は常時点検を!

飼育するにはどうしても外敵からの攻撃に

対応した施設が求められます。

外敵も必死で獲物を狙ってきます。

 

これも外敵側からみれば自然の流れで

飼育者との知恵比べです。

 

一旦侵入すると数羽或いは全滅・・

手塩にかけた愛玩鳥を殺傷されるのは

かなりのショックになりますね~

 

ですから外廻りはシッカリと造り又、

時々点検をしなければなりません

特にイタチ、野良ネコ、野犬などには

注意が必要です。

 

当農場では長年飼育していますが未だ

外敵の被害が多発しています。

今年もイタチ、フクロウの被害にあいました・・・

何れも捕えましたが 時すでに遅し親鳥は

無残にも息絶えました。

 

これから産卵という時なので打撃です・・

一度、鳥の味を覚えると毎回来るように

なるので必ず捕えなければなりません。

侵入口を探さなければなりません

丁寧に視ていくと分かるものです。

 

イタチなどは頭が入る位なら侵入して来ます

のでこまめに視ていくと見つかります。

長年飼育していると施設は傷みますので

修繕しなければなりません。

 

又、入り口がドアの場合は開けたら必ず

直ぐに閉めます 開放したままでおくと

チョットの隙に侵入してしまう事があります。

 

面倒だからと言って開放したままでおくと

被害にあいかねますから直ぐに閉めるような

癖を付けたいものです。

 

    ⇙ ⇙ ⇙

キジ・ヤマドリについてはコチラ

まとめ

日頃、外敵の被害は無いと油断してていると

ひどい目に合いますので常日頃の点検が必要

です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方