キジ全て公開|飼育|貯卵 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|飼育|貯卵

                        キジ一対         

貯卵

保管する場所

貯卵はヤマドリと同じです。

コチラ

卵の形状で「えびつ」なもの、小さいもの

変形した卵、色が極端な色などは省きます。

一個でも二個でも勿体無いと思いますが

一緒に入卵した卵に影響を及びますので

異常な卵は廃棄します。

 

保管は日光が当たらず風通しの良い所を選びましょう。

トレーに木毛を浅く敷き卵の鋭端部を下に

鈍端部を上に置きます。

保管場所は定期的に消毒します。

汚れの除去

採卵した卵は直ぐに汚れを取り除く。

産卵が始まると産む時間帯が分るので

雨の日などは汚れが無いうちに集卵して

保管に努めたい

 

卵は流水にて汚れを落とす。(2~3秒くらい)

鈍端部を上にし1,000倍の消毒液を散布する。

消毒液はいろいろありますが市販の逆性石鹸

例えばパコマ、クリアキル、アストップ

などなどで1,000倍液を散布します。

 

朝晩、毎日消毒液をかけて乾燥しないようにする。

貯卵日数は3月末頃で最大1ヶ月、それ以降は大気の

気温が上がるので2週間くらいが限度です。

 

1週間事にフラン器へ入卵すれば良いのですが

あとの管理が大変なので2週間ごとにしております。

卵の保管は一日増すごとに劣化するので、なるべく

早めに入卵した方が良いですね

保管の条件

昨今は温暖化で保管時期も4月半ばには

常温での保管は無理が生じるので冷蔵庫

が必要になります。

                       キジの卵を保管する  冷蔵庫

10℃前後が望ましいです。これは2週間

保管の場合です。

孵化率うんぬんは保管の条件も大事な

要因になります。

 

貯卵の日数により保管温度が変わります。

1週間 15~20℃
2        10~12℃
3        10℃
4        7℃

2週間ごとに数回入卵するので次第に数が多くなるので

スプレーての散布は必ず実行しなければなりません。

乾燥を防ぐためです。

卵ばかりでなく保管場所もです。

 

エアコン設置が望ましい

本来はエアコンを設置するのが適切な方法なのですが

ない場合は4月上旬ころまでは室内、室外でよい

のですが4月半ば頃からは最近温暖化のせいか気温が

上昇ぎみです。

 

しかしエアコンの場合は冷却が低くも18℃くらい

でしょう。

なので貯卵は2週間なので冷蔵庫内の温度設定

出来る冷蔵庫に保管します。

書物では冷蔵庫の保管はマズイと言ってますが

大丈夫です。

 

数年来実行して実証済みです。

孵化も殆ど変わりません。

まず、採卵し処理しましたら冷蔵専用の各ブロック

事に木毛を敷き鈍端部を上に立てます。

少なくも一日一回は1000倍の消毒液をスプレーします。

 

2週間たったら入卵です。

貯卵は2週間なので室内の温度は10~12℃に設定します。

エアコンがなければ冷蔵庫内でも十分ですね

必ず 条件を満たせばOKです。

 

卵を洗うのは汚れを早く除去するためですが、洗いは

サッーと素早く洗い流します。

水で洗うのは禁物と言ってますがゴシゴシこすったり

削ったりしたのでは返って異物が卵中に混入すると

思いますが?

 

自然界では厳しい環境下で風雨などにサラサレて

いますが孵化はしてます。

生きるためにはの全てを心得ているみたいに思います。

   ↙ ↙ ↙

キジ、ヤマドリについてはこちら

まとめ

孵化率を上げるためにも早めのフランが良いのですが

卵の数がそろわないと入卵はしたくないのですが

2週間過ぎたなら卵の劣化が進むのでただちに入卵

したほうが良いですね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方