ヤマドリ全容公開|観賞用飼育場 | ヤマドリの増やし方全て公開概要

ヤマドリ全容公開|観賞用飼育場

                     ヤマドリホロ打ち

観賞用 ヤマドリ 飼育場

作ってしまってからでは、後に「あぁすればよかった」

「こうすれば」と思うのが  ‘後の祭り‚

ある程度は 後先を考えてから作業するのが

得策ですね!

自宅屋敷内に作る場合

日頃から身近にあるので管理上好都合ですね!

そうかと言って飼育場を作るのに安易な施設

では心配です。

 

やはり急所はしっかり押えていかねばなりません。

飽くまでも  “鑑賞用” としての施設なので

それなりの設備にしたいですね!

                        知人の飼育場

面積約2坪  右側は物置

 

土作りから

最初は先ず土壌です。

作ってからでは厄介ですから消石灰を巻き

土を掘り返します。転地替えです。

 

この時、砂を混ぜると良いです

排水がスムーズにいきます。

消石灰散布は年に1~2度は撒きたいです。

特に梅雨時はより多くしたいです。

骨組み

こうする事により疾病にも対処出来ます。

飼育場の広さが決まったら外堀です。

四隅に柱を立て周りを垂木などで覆い

地面から1メートル位は板塀にします。

 

観賞用ですから見えないとつまらないですね

又、外敵からの防御にもなります。

中の敷地は外より高くし排水をスムーズに

します。

 

板塀には金網(ビニール被覆)を張ります。

板塀が無くともよいですが金網を張るのに

楽です。

 

金網は12#~14#くらいのやや太めの方が

良い 細いと月日が経つと腐食部分から伝染

してまい切れてしまい再度設置するように

なりますので当初から太目ので!

 

金網の上はトタン、エスロンなどで囲い

外部から遮断し観賞する場所のみ開けて

おきます。

 

上部はなるべく漁網、ゴルフネット、金網

を使い太陽光が入り雨も入るようにするのが

理想です。

 

屋根は付けぬように!

付けると疾病の原因にもなりストレスも

蓄積します。

どうしても付ける時は1/4位におさめる

ように!

餌場だけは雨が当たらないようにシッカリ

作ります。

 

給水は水道水をタラタラ流しても良いのですが

無理の時は一升瓶を逆さにしてもいいです。

障害物を設置

中に隠れ場として軽めの障害物をおきます

これは大事な事で  “ヤマドリ„  を脅かすのを防ぐ

ためです。

何か道具があれば安心するものです・・

 

例えば板切れ、短めのスレート、常緑樹の

枝などなど・・

止まり木も2~3本必要です。

自宅屋敷以外に作る場合

自宅から離れるので心配です。

下廻りは細部まで調べて隙間とか穴などは

塞ぎます。

イタチなどは頭が入ると中へ侵入して

しまいますのでシッカリ塞ぎます。

土中20センチくらいはスレートなどで

埋めます。

トタンを使用するときは埋まる部分を

防腐剤とかペンキなどで塗ると長持ち

します。

中には植物など植えと良いのですが

次第に枯れてしまいます。

ヤマドリが食べてしまったり、掘り起して

しまうので  ‘ササ‚  などは

とても良いと思います。

食べてしまっても次から次へと出てくる

のでしかも枯れませんから好都合

隠れ場にもなるので良いですよ!

       ⇙ ⇙ ⇙

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

まとめ

少しでも長く飼育したいと思うには

些細な事にも対処して改善するのが

良い結果に繋がります。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの増やし方全て公開概要