ヤマドリの全容公開|鑑賞用にするには? | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリの全容公開|鑑賞用にするには?

                   ヤマドリのホロ打ち

鑑賞用にするには

目まぐるしく変化する現代、心の安らぎを求めても

なかなか実現しないのが実情ですね~

 

今回はそのような現実を離れ、キジと同様

古くから親しまれている日本の固有種あの美しい

“ヤマドリ„を鑑賞するため

愛玩鳥として飼育するためにあれこれと

書いてみたいと思います。

先ず、鑑賞用として飼育出来るか?

これらは最初の疑問ですね~

 

大丈夫‼

可能です。

大方は法令の壁が引っ掛かるのを心配して

いるかと思います。

既にキジは法改正により何ら心配ありませんが

ヤマドリに関しては未だ許可が必要です。

違法な行為がなければ何の心配もいりません。

許可を得れば

法律で『鳥獣法』というのがあり当農場では

毎年、県へ「販売許可」「実施報告書」を提出し

許可を頂いています。

販売許可の中味は

放鳥
種鳥

愛玩
剥製

などです。

法令で【鳥獣法】と言うのがあり自然の野生

から許可なしに捕獲、採卵などすると

罰せられます。

 

これらの行為は一般的には知らないのが

普通です。

前記のように当方では許可済みなので何ら

問題はありません。

但し当農場以外からの購入はこの限りでは

ありません。

愛玩として飼育し“その子„を他人への販売するのは

飼育者が新たに関係機関(市とか県)へ申請する

必要があります。

 

違反すると罰せられますのでご注意‼

又、野生からの捕獲などは禁止されます。

 

鳥獣法という法令があり、捕獲、採取する

場合は前以って先の関係機関へ届ける必要が

あります。

 

例えば、野生から卵をとったり、何らかの方法で

キジ、ヤマドリを得て飼育するのはダメです。

“鳥獣法”に触れてしまいます。

いずれにしても関係機関への届けが必須です。

さて準備ですが前以っていろいろ考えてから

作業に入ります。

 

立地条件

①  廻りは住宅地なのか?

②  交通量が激しい?

③  廻りで工事が頻繁に行う?

④  外敵が多い?

⑤  水道、井戸、水路?

⑥  排水は?

⑦  電源は?

⑧  日当たりは?

⑨  その他

雛を得るには上記の事柄を心がけておく必要が

あります。

鑑賞用としては④、⑧以外は左程心配する必要は

ありません。

準備

ヤマドリは他の鳥のように“気に触る鳴き声„

ありませんので安心です。

飼育する面積は大きいほど良いのですが無理が

生じるので1坪程あれば十分です。

理想の飼育場

陽当たりが良く通気良好、排水が万全

外敵から攻撃の防御

これ等は最低条件ですね~

飼育場は常に清掃するためある程度の高さが

必要です。(2メートル前後)

給餌、給水だけでは次第に飼育場の汚れも

酷くなりヤマドリの健康状態は増々悪く

なります。

 

永く愛玩として飼うならチョットの時間

ですから手を加えてあげたいですね~

 

屋敷内で飼育場を設置するには問題ないのですが

一旦、屋敷から幾分離れていると心配です。

その際は外敵からの防御を徹底的に完備する事が

大事‼

当農場も何十年も飼育しているのですが

今だに毎年被害に合います・・

外敵との防御はは永遠の付き合いで“いたちごっこ”

です。

では、対策は?

   ↙ ↙ ↙
ヤマドリについてはコチラ

まとめ

焦らずじっくりと考え後々再修繕しないよう

心がけていきたいですね~

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方