ヤマドリ全容公開|観賞用飼育場4 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全容公開|観賞用飼育場4

観賞用飼育場4

ナゼ成鳥まで育たないのか?

先ず、施設です・・・

 

 

ヒナは(3ヶ月位まで)いろいろと学習

しながら覚えて育ちます

 

飼育者はヒナの動作を良く見て判断し

安心して適合するする施設を与えるのが

望ましいです。

障害物に要注意

前記した知人のヒナの死因は主に首、頭部

打撲の可能性が大きいです。

①胸が痩せている(疾病)

②外部に裂傷がない

などは外敵が侵入しなくも外部でウロウロ

されると中にいる鳥はパニックに陥ります。

 

死因の大部分は②が多いです。

特に首から上は致命傷になります。

内部は鳥が障害物に当っても衝撃を和らげる

作りに工夫が必要ですね

 

孵化してからヒナの行動に支障がない設備

を用意しなければなりません

① 保温の施設

② 給餌、給水の施設

③ 衛生状態

④ 逃避出来ない施設

⑥ 隠れ場の設置

⑦ 幾つかの止まり木

⑧ などなど

これらを最低限、用意しなければなりません

 

①の保温室ですが身近の材料で十分です。

この設備で約10日位育雛します。

 

 

流通店にある八方スチロールをガムテープで

組み合わせ一つにします。

1/3位に仕切り保温室と給餌、給水とに

分けて1/3の所に電球(40ワット2こ)を

吊るします。

保温は十分に

電球一個は予備を兼ねて寒い時は2個に

します。

朝方は冷えるので注意が必要ですね!

電球の高さは10センチ以上にします。

低いと頭が火傷してしまいます。

(死に至るような事はありません)

 

ふ卵器の場合ヒナの発生後20~30時間後に

保温室へ移動又、チャボの場合は23~24

日経て孵化してから直ぐに保湿室へ移動します。

チャボの場合これを過ぎてしまうと

なかなか餌付けが難しくなるので

要注意です。

 

チャボの時はヒナが発生日数が過ぎると

チャボの羽毛を膨らませるので目安に

すると良いですね!

 

② ③ 給餌、給水の施設は全体の2/3使います。

 

餌、水はなるべく熱源から遠ざけるように!

餌、糞などは網の下へ落ちるようにして

衛生状態を良くし直、作業がスムーズにいく

ようにすると良いでしょう。

 

餌付けは餌に「柔らかい青菜」などを

湿らし混ぜて与えます。

青菜は細長く切ります。

 

良く肥えた土壌に出ている “ ハコベ ”は

嗜好性がありますね!

 

給水は時間が経つと汚れがひどくなり

又、熱源などで温まるのでそのたびに

新鮮な水と入れ替えてやります。

 

数日経つとヒナも活発に動き廻るので

ここまで来れば後は育つばかり

 

逃避に要 注意です  兎に角素早いので

目が離せません

網の蓋をします

給餌、給水の時は急に蓋を開けず“ 間 ”を

とってから静かに開けます。

そうしないと一瞬のうちに逃げる事がある

ので注意です。

     ↙ ↙ ↙

ホームページはコチラ

ヤマドリの増やし方全て公開はコチラ

まとめ

大変でも数週間、少なくとも数日間は目を放さず

ヒナに集中が大切‼

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方