ヤマドリの全容公開|鑑賞用への心得 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリの全容公開|鑑賞用への心得

                   ヤマドリのホロ打ち

ヤマドリを鑑賞用に

前回は外敵からの防御の方法でした。

自宅から離れた場所ですと何かと心配ですね‼

特に夜間は‘気‚になりますね~

天敵への対応

夜行性の小動物などの活動は夕方過ぎてから又は

明け方です。

外敵も生きるためには仕方ない行為ですが

飼育者としては‪‘ 敵 ‚と思って対処しなければ

なりません。

 

外敵は身近にいるノネコ、野犬、又野生の

①イタチ、②テン、③ハクビシン、④タヌキ、⑤キツネ

⑥イノシシ、⑦タカ、⑧フクロウ、⑽カラスなどなど

かなりの天敵・・・・

 

スンナリいきません!

外敵と根競べ

しかし、何事も妙案を得て解決しています。

ノネコ、野犬、①~⑤くらいは対処出来ます。

飼いネコは比較的被害少ないですが

⑥以降は別途対策します。

 

①~⑤ですがそれぞれに侵入する“クセ„があります。

①はイタチですが元々モグラ、ネズミなど追いかけ

捕食します。

その通路を侵入してきますので穴を見つけ塞ぐように

しなけれりばなりません。

 

大半は①のイタチ、野良ネコの被害が多いですね~~

②~③は木登りするので外壁の廻りに木、枝など

ないようにしなければなりません。

枝は数年過ぎれば伸びるので伐採しておくべき

です。

 

④~⑥は外壁が相当に傷んでいなければ左程

心配ありません。

 

⑦~は空中戦になります。

外敵(タカ、フクロウ、小型の猛禽類などなど)は

空中から見れば下方は餌だらけ・・

し止めるまでは居座ってしまいます。

 

根競べになり悪ければ一度に暴れ餌食になってしまいます。

タカは夕方、早朝に出現し真夜中は来ません。

厄介なのはフクロウです。

夜中に来ます・・

 

対策としてはいろいろと試しましたが効果が

あるのは“テングス„です。

釣りに使う“テングス„を四方八方に張りめぐらせます。

飼育場の廻りに木、又障害物などめがけて張ります。

 

木、又は障害物がなければテングスで高く一本

引いておき、そこをめがけて遠投します。

四方に張ればまずまずですよ!

先端に小石などで結んで投下させ、鳥が糸に触れると

二度と来ません

 

飼いネコは左程ではありませんが“野良ネコ„

始末に負えないです。

中へ侵入すると殆ど殺傷してしまいます。

 

ネコ、野犬、キツネ等々小動物は捕食でなく

動いているものに対して本能的に殺傷する

性質があります。

 

ですから結果被害が多くなります。

 

ホームセンターなどで販売している“箱ワナ„

など仕掛けておけば対外捕獲出来ます。

他に電柵もありますが放電しないように

線の周りは常にとりのぞかなければ

なりません。

 

捕獲しても次から次へと出現するので

しっかりした飼育場を作りたいですね~

 

高価な製品は買わず身の廻りのもので

安価に作るには?

 

飼育場の作り方はどうしたら良いでしょうか?

    ⬋ ⬋ ⬋

キジ・ヤマドリについてはコチラ

まとめ

手塩にかけて育てている鳥を外敵に襲撃

されるのはとても残念です。

外廻りは念入りに確認しなければなりません

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方