全て1から公開/増産の方法/人工授精 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/増産の方法/人工受精


               ヤマドリ発生2日令

人工授精交配

人為的に精液を生殖器に注入する技術

手間がかかる、技術の習得が大変などあります。

 

作業方法

用意する物は注射筒、リンゲル液

オスから精液採取

左手でオスの種鳥の両足をつかみ、頭が後ろに向け

左の脇に挟む右手の親指と人差し指で 背部から

尾部をマッサージしたあと、

              オスから精液採取

「総排泄腔」と呼ばれる場所をつまんで、

精液を取り出します 精液を搾り出したら注射筒で

素早く吸引する

 

メスに注入

メス種鳥の両足を左手で持ち鳥の頭が後ろ向きに

なるよう挟む、次に右手の人差し指と中指の付け根で

排泄腔を軽く押し卵管開口部を反転します。

前もって採取した精液を(3~5倍に希釈)注入します。

注意する事は鳥の挟み方が十分でないとオスは射精しなく

なったりメスは産卵しなくなります。

時には死に至ることもあります。

通常は、搾り手と受け手の二人一組で行うが熟練者は

一人でも出来ます。

 

雌に精液を注入する際は、放卵後一定時間置く

ことで受精率の向上が望めます。

                ヤマドリ成鳥オス

また、雌に注入する精液の量は、

原精液の場合は、1羽当たり0.03ミリリットルくらいです。

希釈液(リンゲル)の場合は、1羽当たり0.07ミリリットルくらいです。
(3~4倍に希釈します。)

希釈液を用いる場合は、少し多めに注入した方が、高い

受精率が期待できます。

 

注入の間隔は約一週間くらいで卵管内に卵がある場合は

受精率がかなり落ちます。

産卵してから作業する事です。

     ⇊

ヤマドリについてはこちら

http://www.torihiko.jp/  

 

メリット 広いテリトリーが必要としない。

熟練者になれば高受精卵が期待出来る

1回の射出精液を希釈することで多数の雌に授精できる

自然交配の不可能な鳥への応用

希少動物の遺伝資源の保存

デメリット 技術を習得するのに相当な時間が必要

慣れないとオス・メス共圧死してしまう

精液が微量なので採取にはとても気をつかう

かなりの労力が必要

大羽数生産が望めない

自然交配よりも被害が拡大する可能性

精液中に伝染病の病原が含まれる場合がある。

精液を間違えて処理したり、注入する可能性

不正もありえる。

次回は自然交配1

まとめ

経験を積まないとなかなか技術の習得ができない

この手法は講習を受けないと独自では難しいですね

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方