キジ全て公開|施設|外敵から防ぐ施設1 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|施設|外敵から防ぐ施設1

                                                                                      キジ一対

外敵から防ぐ施設 1

キジは容易に有精卵を得る事が出来るので

ヤマドリのように人工授精などの面倒な作業は

省かれますので飼育は容易いです。

と、言えどもある程度の知識は必要です。

 

飼育するからにはキジの施設は良く作らなければ

なりませんね!

漠然とキジを飼育してみたいなどと考えていると

後々いろいろと苦労します・・

飼育するに当たって目的は何か?

これにより設備も根本から変わります。

 

日々色彩の鮮やかなキジを観て飼育する

愛玩としての飼育か?

 

それとも、「いやいや是非共ヒナを観て育てて

みたい!」

と、ありますが設備は異なってきます。

何れにしても外廻りは厳重にしなければなりません。

重要な施設です。

 

愛玩としての施設

愛玩としての施設は外敵が侵入しない様金網で

囲いその上にトタン、ブルーシートなどで

中を見えないように囲います。

(金網を張る場合は成るべく太めの金網(10♯位)を

張ります、細いと傷口から伝染して切れてしまうので

後に修繕する様になってしまいます。)

 

外部から中が、丸見えだと外敵が来た時、キジは

驚いて暴れます

結果としてキズを負うか淘汰してしまいますので

注意が必要です。

囲いの高さは1メートルくらいなら良いでしょう。

兎に角、外敵から中のキジが見えないようにします。

施設の構造

施設の高さは2メートル前後必要です。

中へ入って管理するのに背丈の高さが必要だからです。

形としては長方形が良く広さは飼育羽数にもよりますが

最低でも1坪

天井は魚網、ゴルフネットなどの網を掛けます

キジは上へ飛び上がる習性があるので板、トタン

などではケガ、悪ければ淘汰してしまいます。

 

「網だけでは不安だなぁ~」と思う方は網の上に

金網を設置します。

網は2/3以上かけるように!

これは日光を当て殺菌し又雨に当てるようにします。

日光を当てたり雨に打たれないと疾病の原因に繋がります。

自然界では常に風雨にサラサレています。

 

地面は排水が良い様に砂を混ぜる

施設は廻りより高くする

餌場は雨が当たらないように屋根が必要です。

廻りより高くしたほうが良いですね

餌入れ

餌入れは100パイくらいのエスロンパイプを

利用すると良いです。

                         餌いれ

2/3くらいに縦に裂き30センチくらいに切り両端を

止めれば出来上がりです。

外部から餌を出来るように工夫します。

水洗いも出来いつも清潔な餌を与える事が出来ます。

水飲み

画像のような水入れです。

                                                               

                        飲み水入れ

一升瓶に水を入れ逆さにします。

この時水に1,000倍の逆性石鹸を入れます

前持って20リットルのポリ缶に作っておけば

楽です。

20リットルの水なら逆性石鹸は20ミリリットルです。

10リットルなら10ミリリットルですね

 

一升瓶の水が無くなるには大分持ちますから

時々変えるくらいで良いでしょう

逆性石鹸は最寄の薬局で購入出来ます。

安価で買えます

 

こうする事により微生物を殺菌してキジを

健全な固体にします。

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

こまめに段取りしておけば管理するのに

スムーズに運びます。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方