キジ全て公開|施設|外敵から防ぐ施設2 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|施設|外敵から防ぐ施設2

                キジ一対

飼育するに当たって目的は何か?

ヒナを観て育ててみたい!

ここをしっかり作らないと全てが

無になってしまう。

何故なら廻りには外敵がウロウロしています。

イタチ、ノネコ、野犬、ハクビシン、テン、キツネ

などなど沢山いますからね~

ヒナを得る施設

ここの施設は少々工夫しないと悪い結果になります。

先ず、種卵をえるには種鳥を脅かしてはなりません。

それにはどうするか?

条件として

①施設の廻りに連続して常に騒音がある

②野犬、野良ネコなどがウロウロしている

③住宅密集地

④施設の近くが車道があるなどなど

これらの事があると良い結果としては望めません。

無差別な騒音などは適しません

逆に定期的な騒音はそれ程でもありませんね!

出来る事なら外堀を固め内掘にキジを飼育と言う

のがベストです。つまり2重にする事です。

 

これも飼育する敷地がある場合ですが・・

キジは外部からの刺激には敏感で外部の条件が

悪ければおのずと結果としては良くありません・・

登れない外壁

金網、コンパネ、などは不向きでスレートは雪などの

重みで割れてしまう。

トタンは特注で厚みがあれば数十年耐えますが市販の

トタンは地面の境目あたりが腐ってしまう。

ならどうするか?

工事現場とか資材置き場で使う鋼板です。

これなら設置にも簡単で数十年は耐えます。

内側から単管パイプで押さえパイプで内張り

すれば済みます。

ブロックを埋めるとか金網を設置するなど

しなくとも済みます。

この場合も敷地があり飼育する羽数が多い場合です。

外壁

地下は30~40㎝埋めれはOKです。

ブロックとか砂利などは不用になります。

外敵もこれでは爪も掛からず進入出来ません。

最適な素材だと思います。

要は爪が素材にかからなければ良いのです。

高さは少なくも2メートルは必要です

外敵はジャンプ力がありますからね!

 

鋼板を取り付けるときは地中に入る(30センチ位)

部分は錆び防止にペンキ、錆び止めなど塗ると

長持ちします。

又、外壁の外側に工事用の夜間点滅等などを

設置するのも一つの対策かと思います。

 

通販で数百円から購入出来ます。

余り効果は薄いみたいですがやらないよりは

した方が気分的にも違います・・・

天井はどうする?

四方鋼板で取り付けたら天井は魚網を

かけます。

魚網は漁港にある魚網店で購入出来ます。

魚網は太めの2㎝角で新品が良いです。

(野鳥が入らない)

 

中古では傷みあるところから破けてしまう

事がありますので成るべくは新品ですね!

雨よけに屋根をかける方がいますが極力

掛けない方が良い

 

どうしても掛けたいという時は1/3くらいにします。

前回も書きましたが日光で殺菌、雨うけて

細菌の除去です。

材質はポリエチンが良い

色は黒色です。他の色の1.5倍長持ちします。

紫外線の関係らしいです。

 

実際当農場では黒色のポリエチレンで40数年

経ちますが未だ未だ衰えてはいません。

水を吸わない、軽い、思ったより丈夫、

太さにもよりますが半永久的です。

 

ポリエチレンは長持ちして安価ですから

コチラが経済的にも良いですね~

ナイロンは丈夫ですが水を吸うと重くなります。

値段もポリの3倍くらいします

網目は通し網でなく結んだ網が良い

通し網は一箇所破れると伝染して次々と大きく

してしまいます。

 

倹約しながら、まに合わせでは、結局大きな負担に

成りかねます。

大事なところは良く見極めて決断すべきでしょう。

又、修繕となると労力も、経済面もかなりの負担に

なります

最初は経済的にもかかりますがトータルすると

安上がりです。

    ↙ ↙ ↙ 

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

二重の手間がかからないように

肝心なところはしっかりと整備しましょう

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方