ヤマドリ全て1から公開|飼育|フラン器の消毒1 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開|飼育|フラン器の消毒1

 

                                                                               ヤマドリ孵化2日令

 フラン器の消毒 1

フラン機

孵卵機【フラン機】とは?

卵を人工的に孵化させる装置。

小羽数の場合は種親、チャボなどに抱卵させる。

大量生産には不向きですが労力は最小限で

済みます。

 

最近は通販で小羽数用のベビーフラン器が出て

いますが設定がなかなか難しいです。

扉を開け閉めするたび室内の温度、湿度など急激に

変化するので素早くしたほうが良いですね

 

その点、ある程度大きめなフラン機は

安定感があります。

何でも新品の時は良いものでトラブルが

少ないですね!

 

フラン器内の消毒は隅々まで

最初の内は消毒も簡単に済みますが

何回か使用しているうちに孵化率が落ちます

有機物(微生物)が段々残ってくるからです。

 

フラン器内の種卵は呼吸をしていますので

新鮮な空気が必要です。

 

都会のゴミゴミした汚れた空気より田舎の

綺麗な空気の方が清清しくて美味しい

結果は当然新鮮な方が良いですよね~

 

水洗は洗剤で

有機物(微生物)は目視しても見えないので

綺麗に洗浄したつもりでも結構有機物(微生物)は

残っています。

 

雛が発生した後は内部の発生座の卵殻など

引き出せるものは全て出し除去し

洗剤で良く水洗してから消毒します。

器内の内壁なども良く水洗してから消毒です。

消毒後布に消毒液を浸し器内を満遍なく

拭き取ります。

(逆性石鹸500~800倍液)

 

面倒だと思いますが後々の事を考えるとするべきです。

金属腐食性のヨード剤、オルソ剤などは避けるべきです。

小羽数用のベビーフラン器なども同様に隅々まで

清掃してから消毒します。

 

動墳がない場合は器内の卵座など外へ出せる

ものは出して逆性石鹸500~800倍液へ浸す

内部も消毒後布に消毒液を浸した布で

隅々まで拭き取ります。

 

尚、消毒液の原液はお近くの薬局で手に入ります。

自動湿度調整器は大型孵卵機に多く、自動的に最適な湿度を

保つための機能である。

自動的に給水と通気をすることで湿度を保つ。

 

小型の場合は水盤を置き調整します。

3~4月半ばは湿度が低いので

湿度が少ない時は水盤を増やしたり、水で布を

浸して吊るし調整する。

逆に湿度が高い時は水盤を減らす。

それでも高い時は水面に発泡スチロール

など浮かべる。

その水盤にフラン器を開閉するたびに消毒液

(逆性石鹸1,000液)を噴霧します。

あらかじめ逆性石鹸1,000液を作っておいた

方が良いですね

 

出来れば消毒は2~3度すれば良いですね

消毒液はメーカーによって違いますので

交互に使えば効果は上がります。

逆性石鹸使ったら次は両性石鹸を使う

交互に使い分けます。

                                  ⇙ ⇙ ⇙

ヤマドリについてはコチラ

まとめ

消毒する前に隅々まで綺麗に清掃してから

消毒です。そして消毒後布に消毒液を浸した

布で拭き取ります。

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方