キジ全て公開|飼育|孵化2 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|飼育|孵化2

                           キジ一対

キジの孵化2

フラン機

前回は平面式のフラン器でしたが多数孵化できる

立体式のフラン機にも触れたいと思います。

機能も平面に比べ大分優れています。

 

経済面で「無理かなぁ~ー」と思う時は中古でも

十分です。

一年中使うわけではないので其れなりに

仕事はしてくれます。

立体式

入卵した卵座の外側に4枚の羽根があり電熱

ヒーターにより機内の空気を暖めて空気を

攪拌(かくはん)して機内の温度と湿度を均一に保つ

(卵を入れたわくの回転により転卵も自動的に行う)

羽根は一分間に120回回転します。

 

回転数は調整出来ます。

500~数万個を収容できるのもあります。

孵卵を左右するたいせつな要素は

温度、湿度、転卵および 入気、排気

(空気中の酸素と二酸化炭素濃度)です。

 

種卵を孵卵機に入れるまでの貯蔵日数が長いほど、

また貯蔵温度が高いほど卵の劣化が進み

それだけ孵化率が悪くなりますから産卵日、

入卵日は必ずメモしたり卵に書いたりします。

検卵

2度調べれば良いのですが1回でも良いですね

10~14日頃検卵します。

自作の物で十分です。

               led豆電球   

             エスロンパイプ ↗    ↗             自家製の検卵器

T字、繋手のエスロンを使いled豆電球をエスロンに入れます。

ledの豆電球は熱が出ないのでテープでグルグル巻きです。

反対側の卵に当たるところは卵に傷付く恐れがあるので

2ミリくらい残しテープで巻きます。

機能

保温、湿度、転卵、入排気の四つの機能が

ありこれらが機能しないと発生に支障を来たす。

保温

高孵化率を維持する為に高精度に制御する必要

があり、電子式サーモスタットにより開放扉の

反対側に設置した電熱ヒーターから出る熱を

ファンにて攪拌し温度を一定にする。

 

熱源は電熱線(ニクロム線)

入卵する卵の種類によって設定も微妙に

変わります。

 

ヤマドリは37.6~37.7に設定します。

キジは37.7~37.9に設定します。

設置する地方とかフラン機の「クセ」にも

微妙に変わりますからその都度再設定します。

0.1℃の世界です。たかが0.1℃なんか大丈夫

などと言わないで真摯に考える必要がありますね。

温度の設定は孵化に最も重要な事なので

心得なければなりません。

湿度

大型孵卵機に多く、自動的に最適な湿度を

保つための機能である。

自動的に給水と通気をすることで湿度を保つ。

小型の場合は水盤を置き調整します。

ヤマドリ、キジ共28.℃以下にします。

 

3~4月半ばは湿度が低いので

湿度が少ない時は水盤を増やしたり、水で布を

浸して吊るし調整する。

逆に湿度が高い時は水盤を減らす。

それでも高い時は水面に発泡スチロール

など浮かべる。

転卵

転卵は卵を転がす事で、最低でも1日4回行う

必要がある。

これは、卵の中の胚が殻の内側に貼り付く

ことを防止する為に行う。

転卵には手動転卵およびタイマーと電動機による

自動転卵がある。

 

自動転卵の場合180度で1時間に1回、転卵する

発生3~4日前で止める。

発生3~4日前にハッチャー(発生専用のフラン器)

へ下卵します。この時は転卵はありません。

(ハッチャーは転卵なしのフラン器です)

 

キジ・ヤマドリについてはコチラ

まとめ

キジの発生湿度は33℃~34℃くらいにします。

あくまてせでも目安ですから何度も実践してから

最適な方法にします。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方