ヤマドリ全て公開|飼育|貯卵の消毒 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て公開|飼育|貯卵の消毒

                       ヤマドリ発生2日令

貯卵の消毒

保管する場所

日光が当たらず風通しの良い所を選びましょう。

トレーに木毛を浅く敷き卵の鋭端部を下に

鈍端部を上に置きます。

 

汚れの除去

採卵した卵は直ぐに汚れを取り除く。

流水にて汚れを落とす。(2~3秒くらい)

種卵はホルマリン燻蒸しますが難点があります。

20分以上かかり又汚れが付着していると

それ以上かかります。

それにガスなので取り扱いに苦労します。

 

消毒液はいろいろありますが逆性石鹸のパコマ、

クリアキル、アストップなどなどで鈍端部を上に

1,000倍液を散布します。

本当は逆性石鹸1,000倍液に1~3分液温40~43℃に

浸漬しますが1,000倍液を散布するだけで

さしつかいないです。

 

朝晩、毎日消毒液をかけて乾燥しないようにする。

貯卵日数は3月末頃で1ヶ月、それ以降は大気の

 

気温が上がるので2週間くらいが限度です。

1週間事にフラン器へ入卵すれば良いのですが

あとの管理が大変なので2週間ごとにしております。

 

卵の保管は一日増すごとに劣化するので、なるべく

早めに入卵した方が良いですね

                     ヤマドリホロ打ち

保管の条件

貯卵の日数により保管温度が変わります。

1週間    15~20℃くらい

2            10~12℃くらい

3            10℃くらい

4            5℃以下

2週間ごとに数回入卵するので次第に数が多くなるので

スプレーでの散布は必ず実行しなければなりません。

乾燥を防ぐためです。

 

本来はエアコンを設置するのが適切な方法なのですが

エアコンは2週間貯卵する場合温度が下らないので

(下っても18℃位)無理が生じます。

 

ない場合は4月上旬ころまでは室内、室外で良い

4月半ば頃からは最近温暖化のせいか気温が

上昇ぎみです。

 

貯卵は2週間なので冷蔵庫に保管します。

書物では冷蔵庫の保管はマズイと言われて

いますが現場では大丈夫です。

数年来実行して実証済みです。

孵化も殆ど変わりません。

 

まず、採卵し処理しましたら冷蔵専用の各ブロック

事に木毛を敷き鈍端部を上に立てます。

一日一回は1000倍の消毒液をスプレーします。

 

2週間たったら入卵です。

貯卵は2週間なので室内の温度は10~12℃に設定します。

エアコンがなければ冷蔵庫内でも十分ですね

 

必ず 条件を満たせばOKです。

 

卵を洗うのは汚れを早く除去するためですが、洗いは

サッーと素早く洗い流します。

 

水で洗うのは禁物と言われていますがゴシゴシ

こすったり削ったりしたのでは返って異物が卵中に

混入すると思いますが?

 

自然界では厳しい環境下で風雨などにサラサレ

ていますが孵化はしています。

生きるためには全てを心得ているみたいに思います。

                ⇙ ⇙ ⇙

ヤマドリについてはこちら

http://www.torihiko.jp/

 

まとめ

 

たまごを早めにフラン器へ入卵したいのですが管理上

無理が生じますのである程度数が

揃ってからになりますね

温度、湿度を徹底したいですね

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方