キジ全て公開|飼育の技法|30~60日令 | ヤマドリの飼い方 

キジ全て公開|飼育の技法|30~60日令

                                                                                キジつがい

キジ飼育の技法

30日令~60日令

30日令

まだまだ゛ヤマドリと一緒に飼育です。

中雛のブロックへ移動します。

移動手段は追い込みが効率良いのですが、

固体(雛)の健康状態をみるのに一羽々捕まえ

調べます。

ワクチン接種

この際、なるべくなら疾病対策としてワクチンを

接種します。点鼻、点眼、注射とありますが

点眼接種です。

片目に一滴垂らします。

 

一瓶1,000円チョットで1,000羽分

主なものはニューカッスル、鶏頭、気管支炎、

等です。薬局で購入可能です。

 

ここで、ワクチンとは治療薬ではないと言う

事を知らなければなりません。

 

ワクチン接種をすれば他への拡散を防止出来る

と言うことで決して病気を治すという事ではありません。

「ワクチンを接種したから、もう大丈夫」などと認識

してはあとで酷い事になります・・

この事は間違えてはいけません

 

作業は大変ですが発病しますと伝染性なら忽ち

広がり対処が困難になるので是非共実行

したいですね!

最悪、全羽数淘汰しなければなりません・・

 

少羽数の飼育の場合はこの限りではありません。

要所々キチンとすれば疾病の心配はありません。

他の飼育者との頻繁な交流又、購入する時の

固体(キジ)の良し悪しなど細菌、ウイルス

など持ち込まないように確認が大事です。

中の構造

10日令~も同じですが床面はコンクリートにするのが

最適で、傾斜を付けます。洗浄した時排水を良く

するためです。

細菌は温度が「25~30℃」くらいになると急激に

増殖が盛んになるので要注意です。

 

糞、散らばった餌など時間が経つと細菌の増殖に

なり疾病の原因になりかねますので常時洗う

ようにします。

 

キジの幼雛、中雛を淘汰させず丈夫に育てるには

やはりコンクリートにするのが適当ですね!

雛の時は免疫も不十分で疾病とかストレス

思わぬ事故などに対処するのが不十分なので

良く目を通す事が求められます。

疾病に関しては床面は土でなくコンクリート

が無難です。

土で飼育する方が、大分いますがデメリットは

●疾病になり易い

●掃除が大変

●土壌の転地変え

●排水の悪さ

などなどあげられます。

少なくも中雛位までは床面はコンクリートです。

土がなくとも雛の影響はありません。

 

各ブロックは多めに

少羽数の場合は、敷地がある程度広さがあるならば

部屋を2当分、3当分に区切るようにします

 

「網」を上から下げ土中に埋めて両端にキジ

が出入り出来るくらいの出入り口を付けます。

 

そうする事により土の転地変えがスムーズに

出来ますね

転地変えは消石灰を撒いてから起こします。

 

逃げ場

隠れ家として障害物などおきます。

成るべく持ち運びが簡単な軽めの方が良い

 

板切れ、箱、スレート、枯れ木などなど

固体(雛)は何か異変があると隅へ行く

習性があるので重なり淘汰しないためにも

障害物は必要ですね。

 

何か異変が起これば直ぐさま隠れますので

用意して上げなければなりません。

この頃は砂浴びもしますので一角に器の中へ消毒した

砂+土を混ぜたのを置きます。

 

飼料のみだけではダメなので緑菜は欠かせません

自家製の野菜が不足したら野にある柔らかな野草を

与えます。

アレチウリ

 

アレチウリ(外来種)という野草は好んで食べますよ

ウリ科のツル状のものであと始末も簡単ですね

野草の場合は除草剤を撒くようなところは極力

避けた方が良いですね

 

暑い日、又好天が続く時は散水してあげるとストレス

解消にもなり後々野外へ出たときの対策にもなります
ので

実行したい事柄です。

   ↙ ↙ ↙

キジ・ヤマドリについてはコチラ

まとめ
この時期は人に例えるなら10代ころになりますね

人同様、多感のころです。

ここでしっかり体力つけさせるためにも管理が

大切ですね(^^)ニコ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方