ヤマドリ全て1から公開/施設/10~30日令 | ヤマドリの飼い方 

ヤマドリ全て1から公開/施設/10~30日令

                           ヤマドリ発生2日令

施設

幼雛~中雛 10~30日令

10日令ともなれば雛の動きは俊敏です。

それなりに行動する広さも必要になります。

増してこれから生きて行くいろいろな事柄を

蔭から応援しないと・・・

   水飲み場 ↓         水飲み場  ↓

 ↑      ■

150      ◆傘型保温器 

  

         ■

◆傘型保温機

← 150センチ →     ← 450センチ →

 

面積ですが縦150㎝位、横150㎝くらい

前回の保温室のように各設備は無用でオープン

にします。

中央に手作りの傘型保温室を設けて100ワットの

保温電球2個取り付けます。

1個は予備も兼ねますが冷える時は2個必要になりますね

 

雛のうちは体温調節機能(大体一ヶ月くらい)が出来ませんので

人工的にしなければなりません。

最初は前回のような施設でないのでマンションから

アパートへ引越ししたようなもので雛も戸惑っていますが・・

 

数時間も経てば動きも活発になります。

雛は環境が変わり一時活動を停止しますがジッ~ト静観です。

人情的には「どうしたのかな~」「このまま淘汰してしまうのか・・」

暫くするとボチ々動きはじめます。ヤレ・・ヤレです。

 

環境がガラリ変わったので警戒したんですね~

このように移る境目は変化があるので静観です。

各プロセスで大事な事は成るべく境目を和らげて

上げる事ですね~

雛は1日単位で成鳥が見られます。

給餌は自家製

餌場も前回の薄い器でなく反りが入った入れ物です。

何でもかんででも買い求めてばかりでは大変

そこで自家製ので間に合わせます。

 

体裁など構わず雛達が喜べはそれで良いですからね

自家製にする時は今後又、試作しないためにも

長持ちするような物を良く考えて作ります。

 

科学製品は私たちの身の回りに沢山あります。

水に強いもの、日に耐えるもの、長持ちするもの

などなどいろいろあります。

それを利用するのです。

餌の入れ物も実は「雨どい」です。

傘型の保温設備もここでは鉄のアングルですが

木材でも十分に活用できます。

雛達が最高に満足して育てばそれで良いですからね

魚網が適正

さて、廻りですが四方、天井も魚網で被います。

雛が暴れて怪我したり死んだりしないため衝撃を

和らげるためです。

出入り口はチャックを利用します。

木の扉より数段良いです。

木の扉に比べ腐らない、作るのに簡単、雛の逃避を防ぐ

など々良い面があります。

 

網はなるべく太めの網が良いですね

ゴルフネットなどもいいです。

中には必ず止まり木を設けます。

鳥は木止まりの習性があるので必須ですね!

飲み水、緑菜は新鮮なもの

飲み水は新鮮な水を与えるため水道水で

タラタラ流れる程度にしておきます。

器も余り大きくしないように!

水飲みを覚えるまで中に入って溺れてしまうのも

います。

 

床面は傾斜あるコンクリートにします。

青菜、餌の食べ残し、雛の糞など日増しに

汚れます。

その都度水洗して上げればいつも奇麗です。

細かい事ですが実はこれらはとても大事な

事です。

汚れた環境で雛達は生きるために何でもかんでも

食べます。

汚れた環境では細菌がドンドン増殖します。

一方雛達はお構いなしで食事です。

日経つ事に弱い雛は屁死です・・

汚れたら水洗です。そのためにコンクリートに

傾斜をつけてあります。

  ⇊

 

ヤマドリについてはコチラ

http://www.torihiko.jp/

 

次回は 施設30~60日令

 

まとめ

発生してから条件の良い設備から一変して

環境が変わり戸惑います。

よ~く観察ですね!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

ヤマドリの飼い方